「チャルカの旅と雑貨と喫茶のはなし」

| コメント(0)
4863110324チャルカの旅と雑貨と喫茶のはなし
産業編集センター 2009-09

by G-Tools
大ファンなのだけれど、なかなかお店に行くことができないでいるチャルカさん。そのチャルカさんからまた新しい本ができました!「チャルカの旅と雑貨と喫茶のはなし」です。予約していた本が昨日届きました。

チャルカさんの最初の本「チャルカの東欧雑貨買いつけ旅日記」とちょうと同じサイズ。チャルカさんのファブリックノートサイズです。内容は、東欧の旅からはじまり、チャルカのできるまで、チャルカのお店のお話、東欧料理のレシピ、オリジナルの商品のこと...などなど、まさにお店の「公式ガイドブック」(?)になっております。

「買い付け旅日記」の時もそうでしたが、読んでいるとチェコやハンガリーに行きたくなります。特にハンガリーの刺繍がとても素晴らしくて感激しました。

再び大阪のチャルカさんのお店に行ってみたいのですが、なかなか大阪に行く機会がないので、地元吉祥寺のサブロにでも行ってきますか。

今までのチャルカさん関連記事...こうしてみるとたくさんありますね。
now and then: チャルカ トーキョー 大博覧会に行く
now and then: チャルカの東欧雑貨買いつけ旅日記
now and then: 大阪のCHARKHA(チャルカ)に行きました
now and then: 「りんごの木の村で―チャルカが旅したチェコのガラスボタン物語」
now and then: チャルカさんの「アジ紙」本

チャルカオリジナル商品、最近はチャルカさん以外からでも通販できます。
 チャルカグラシン・コレクターズ・ファイル

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2009年9月23日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Panasonic Lumix GF1を少しだけ触る」です。

次のブログ記事は「念願のプルンニーのロールペンケース@sublo」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。