グッバイ、レーニン!

恵比寿ガーデンシネマで「グッバイ、レーニン!」を観ました。「25時」を観に行ったとき、隣のこちらの映画の方が混んでいたので気になっていたのです。平日昼間でしたが、学生さんがお休みだったこともあったのか、やはり満員になっていました。

考えてみたら、ドイツ映画ってあまり観たことなかったかもしれないです。あ...「点子ちゃんとアントン」以来かな。

うむむ、でもパンチはいまひとつかな。ほのぼの感はありましたが....。最近はアメリカ映画ばかり観ていたので、ちょっと毒されすぎてしまったのかもしれません。ドイツ人でないとニュアンスが伝わらない部分もあるかも。個人的には「25時」のほうが圧倒的に面白かったです。

一緒に出てきた50代くらいの女性グループが、次の回に並ぶ人を見て「あらぁ〜またこんなに並んでる、みんな知らないのね」なんていってましたが、それってやっぱり期待はずれだったってことかな。

私も実は期待が大きすぎたたってことで...50点!(ちょっと辛口)

トラックバック(1)

う〜ん、最近やたらみたい映画が続出中だな...『グッバイ、レーニン!』もその一本。 続きを読む

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2004年4月 4日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「iPodのリセットは...」です。

次のブログ記事は「Star Wars : Episode 3 予告編 by LEGO」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。