Cultureのブログ記事 1 / 2
    
    




<<
1 2

 


石ノ森萬画館年間パスポートを持っているので、企画展は必ず行くことにしている石ノ森萬画館。現在行われている平成仮面ライダー20展が今月一杯なのであわてて行ってきました。

【第73回企画展】平成仮面ライダー20展(4/20~6/30) | 石ノ森萬画館


写真が初代ライダーですみません。私が馴染みがあるのは初代と2号ぐらいなんで。





唐組 紅テント 中瀬公園
私は歌舞伎を除くと演劇というものはほとんど観たことがありません。今までほんの数回です。以前は下北沢のすぐ近くに住んでいたのに、とうとう最後まで劇場に足を運ぶことは1度もありませんでした。

ここ数年、石巻では毎年演劇祭が行われ、徐々に演劇が盛んになってきています。そんな流れもあって、唐十郎の唐組の公演「ジャガーの眼」が、昨日・今日の2日間、石巻の中瀬公園で行われることになり、日頃演劇にはあまり縁のない私も、思い切って行ってみることにしました。

劇団 唐組 - ホーム








今日Twitterで流れているのをみて知りました。世田谷文学館の次の企画展は、なんと石ノ森章太郎展だそうですっ!行きたいなぁ。石ノ森萬画館にも巡回で来ないかなぁ。

次回の企画展 - 世田谷文学館
萬画家・石ノ森章太郎展 ボクは、ダ・ビンチになりたかった(世田谷文学館|世田谷|東京)|EXHIBITIONS | 美術手帖





IMG 0010年パスを買って企画展は必ず見に行くようにしている石ノ森萬画館。現在開催中のビックコミック50周年展を見てきました。

【第72回企画展】ビッグコミック50周年展(2019.1.25~4.7) | 石ノ森萬画館






つげ義春 猫町紀行30年ほど前でしょうか、渋谷の西武百貨店の間の道を少し行ったところの小さなビルに、マンガ専門店がありました。お店の名前はまったく覚えていなかったのですが、こちらによると「まんが書店」だったようです。

かつて渋谷に実在した、「オタ向けなんだけどもオタな人を異常に… - 人力検索はてな

どうしてその店を知ったのかよく覚えていないのですが、当時読んでいたマニアックなマンガ雑誌に広告が出ていたのでしょう。リンク先にもありますが、たしかに店の雰囲気は暗くて怖くて、とても緊張を強いられたのは覚えています。

そこで当時、私としては大奮発して買った(覚えがある)のが、つげ義春の「猫町紀行」。10×8cmくらいの豆本であります。奥付には定価2,500円とありますが、もっと高かったような気がします。つげ義春のサイン入りで限定600部。ちょっと保存状態が悪いのですが、今では宝物です。





石ノ森萬画館の、次回の特別企画展が発表されました。

【次回企画展予告】ビッグコミック50周年展(2019.1.25~4.7) | 石ノ森萬画館

ジュン展→わたせせいぞう→サンリオ→萩尾望都SF…の後は、ビックコミックでございました。ソフトイメージなものが続いていたので、そろそろ男性ファンにもアピールしないとですからね。





わが家の新聞は河北新報のため、朝日俳壇/歌壇を読むために、朝日新聞をとっているくみこさん(母)のところから毎週切り抜きをもらっています。

12月2日の朝日俳壇でえらく気に入ってしまったのが、高山れおな選のこちら…

志村喬生家の松の色変へず (加古川市 森木史子さん)





Https farm5 staticflickr com 4917 45302421864 4dea707797 m今日は石巻の放課後等デイサービス「あっぷるじゃんぷ石巻」の作品展で、会場のスタッフとしてお仕事しておりました。しかし…仕事なのに、なんだかすっかり自分が楽しんでしまいました。





石ノ森萬画館2018 11 12
石ノ森萬画館で開催中の、【第71回特別企画展】萩尾望都SF原画展に行ってきました。もっと早く行きたかったのですが、風邪をひいてすっかり出遅れたのでした。

萩尾望都先生の漫画は、高校時代にかなり読みましたし、特に当時SFマンガには入れ込んでいましたので事前の期待値大。石巻の高校生時代に読んでいた漫画の原画を、長い時を経て石巻で観賞することになるとは思いもよりませんでした。


 


<<
1 2




アーカイブ

このアーカイブ中の記事