Cultureのブログ記事 1 / 4
    
    




<<
1 2 3 4

 





サーカス世界漫遊記第5回スイスフランス編昨日は、ご近所のライブハウスLa Strada(ラ・ストラーダ)さんで、「映像で見るサーカス漫遊記 第五回スイス・フランス編」に参加してきました。

石巻かほくに「サーカス世界漫遊記」を連載されている、大島幹雄さん(デラシネ通信)のナビゲートで、世界のサーカスの秘蔵映像を鑑賞するという内容です。

大島さんは、長くサーカスのプロモーターの会社に勤められていて、サーカス関連の著書もあり、そのお仕事の中で世界のサーカス関係者と交流してきたお話を、実際のサーカスの映像交えながらお聞きしてきました。





年パス特典昨日はバイトが半ドン(今、こういう言いかたはあまりしませんが)だったので、久しぶりに石ノ森萬画館に行き、そろそろ期限が切れる年間パスポートを更新してきました。

更新の特典は009のクリアファイル。やったー。今までの更新特典は、正直言って売れ残り品グッズでちょっとがっかりだったのでちょっとうれしい。





マルホンまきあーとテラス外観

くみこさん(母)と、11月3日にオープンしたばかりの、石巻市博物館に行ってきました。石巻市博物館は、「マルホンまきあーとテラス」という石巻市の複合文化施設の中にあります。

博物館ロゴ令和3年11月3日、石巻市博物館開館 - 石巻市

この博物館の前身は、石巻文化センターというところで、旧北上川の河口にありましたが、震災の津波で被災。10年を経て再スタートしたということになります。


石巻市博物館3日オープン 「大河と海」テーマに暮らし紹介 | 河北新報オンラインニュース / ONLINE NEWS





サンファンバウティスタ号

石巻市内にある県の施設、「

宮城県慶長使節船ミュージアム
(通称、サン・ファン館)」。

メインの展示である木造の洋式帆船だった慶長使節船を復元した「サン・ファン・バウティスタ号」が、老朽化のため来週にも取り壊しが始まると聞き、船の見納め&開催中の特別展示「牡鹿半島・海と浜のトリビア10(TEN)」を見にいくことにしました。実はサン・ファン館に行くのは震災後は初めてだし、ものすごく久しぶりかも。

朝からよく晴れていて、目の前の佐須浜、そして渡波・漁港・長浜…そして太平洋が一望のサン・ファン・パーク。赤とんぼがたくさん飛ぶ中、ますサンファン号を眺めました。





サウナ石巻跡

緊急事態宣言期間に突入する前に市街地エリアだけでもクリアしよう…と、まだ行っていなかったエリアをいくつか見てきました。人が少なそうな時間を狙っていったので、案の定ほとんど一人でした。

良かった…と思ったのは、旧サウナ石巻のマユンキキさんの作品でした。





日和山公園鳥居の工事

8月11日から、石巻市・女川町で「Reborn-Art Festival 2021-22」(以下RAF)が始まりました。

時期が時期でありまして、いつになく他所の人っぽい方々や若い人がまちなかを歩いていますが、人が大勢押し寄せているような雰囲気ではありません。チケットは会期中何度でも使えるそうなので、様子を見てちょこちょこ行こうかなと思っています。石巻も感染者増えてますし。

で、近所にスポットがいくつかあるのですが、山の家(実家)に行くついでに、日和山の雨宮庸介さんの作品「石巻13分」を見に行きました。

日和山、鳥居が老朽化で撤去されてちょっと寂しい感じ。現在鳥居新築工事中です。基礎工事からがっつりやってるようです。いつ完成なんだろう…。(以下ネタバレあり)





まるほんまきあーとてらす

マルホンまきあーとテラスという新しくできた石巻複合文化施設。ここのこけら落としの特別展として開催されている、アニメージュとジブリ展に行ってきました。

スタジオジブリの原点を振り返る展覧会を開催 | アニメージュとジブリ展





IMG 6466

石ノ森萬画館で開催中の「少年アシベ展~森下裕美の世界~」を観てきました。

【第81企画展】少年アシベ展~森下裕美の世界~(3/20~5/30) | 石ノ森萬画館

石ノ森萬画館の前では、巨大ゴマちゃんバルーンがお出迎え。すごい迫力(?)です。





つづく展3
2021年2月13日から始まった、石ノ森萬画館の企画展「つづく展 3」を観にいきました。石巻在住の2人の写真家の写真展です。

【第80回企画展】つづく展3(2/13~3/11) | 石ノ森萬画館


 


<<
1 2 3 4




アーカイブ

このアーカイブ中の記事