Tokuzanのブログ記事 1 / 4
    
    




<<
1 2 3 4

 


アララギ第5巻第8号

 短歌雜詠
  ⚪︎            湯 禿山

大寺の森をし繁み雨の日も己が世歌ふ百とりのやから





アララギ第5巻第7号

 短歌雜詠

              湯 禿山

あやめ咲く十代田(たしろた)のみづこのゆふべゆくとも見えずゆれのともしも





アララギ第5巻第5号 その2

   雜

たつ雲のこのたゝなはる我むねのいぶきに霧らふ花の灰色

淺間嶺のもゆる此胸行きふきて生ける諸々やきつくしてむ





アララギ第5巻第5号

  牡丹
             湯本禿山

淡々しく其くれなゐのにほひはも心にしむる牡丹の和葉

春やよひうすくれなゐの和葉もて守れる玉の尊くもあるか





アララギ第5巻第3号

 上京
            湯本 禿山

物云へばいきも氷るかに人皆が只もだしつゝうづくまりをり

朝日子のかゞよふなべに窓に凍てしいき薄らぎて汽車甲斐に入る

魂合の友の面みるすなはちに百里の望みなから足らへり





送檡弘道師歸国

わくらはに人と相見てたゞどゞろともしむ心わかれかねつも

天雲のむかふす國の遠はろにさかりをりともその心はや





アララギ第5巻第2号

アララギ歌壇
             左千夫 選

 四疊半裡閑居
             湯本政治

うづくまる吾がうしろ影小さき室の壁にみちたりさ夜の靜かに

夕げ終へてほろ醉耳にきく雨のゆく秋ながらさびしくもあらず

ほろ醉の耳になごめる雨の音に小さき室の内つらねむれり

太筆の壁にうつれるその影の太き筆もが吾がふるひ見む





アララギ第5巻第1号

  雜 歌

   ○             湯 禿山

朝山に雲ふみのぼる見渡しの谷川の音をとほく聞きつつゝ





アララギ第4巻第10号 「信濃号」

 心 猿

東の空白〱(繰り返し)にわが骸思に疲れたゞよこたはる

生きのまゝ死にたるむくろ妻子らははやもさめよとひた促せり

こらが手を巻きの八須ば朝風によな〱(繰り返し)揺らぐ乏しかりけり

八千草の花のすがしき妹らを率(ゐ)いて秋をあそばんいや年のはに





アララギ第4巻第10号 「信濃号」

 合 歡

                 湯本 政治

水の音おほに和める河岸の有明月夜ねむいまださめず


 


<<
1 2 3 4




アーカイブ

このアーカイブ中の記事