「文房具を楽しく使う ノート・手帳篇」

4152085827文房具を楽しく使う 〈ノート・手帳編〉
和田 哲哉


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
私の好きな書店の1つ、代々木上原の「幸福書房」で見つけました。ノートばかりあれこれ買って、中途半端に使っている私には気になるタイトル...。さっそく買って一気に読了。とても楽しく読めました。

筆者は信頼文具舗ステーショナリープログラム TOP運営されている和田さん。いろいろなノートを組み合わせて使う「多ノート」が提案されています。この使い方は私に合っているかも...。ビジネス本にありがちな「仕事に役立つノートの使い方」ではなく、まさに「文房具好き」のためのノートの使い方ですね。

それから、筆者大推薦の心をつかむダイアリーQuo Vadis。実はこれも前から気になっていたのですが、土日の欄が小さかったりするので、今まで買ったことがありませんでした。よし、来年はQuo Vadisにしてみよう!

実は最近話題のフランクリン・プランナーなども、興味があって試してみたこともあります。1冊のバインダーを仕事でもプライベートでもいつでも身近に置いて使う...というところがミソですが、職場と家の間でバインダーを持ち歩く...ところに挫折。これ以上バッグが重くなるようなことはできません。昔はシステム手帳に凝っていたこともあったんですけどね。

こうやってパソコンやWeb巡りをする毎日ですが、メモはやっぱり手書きが一番。最近物忘れが激しくなったので、もっとノートを活用しなくては!

トラックバック(2)

バレンタインデーに発売になったクリエ。 PEG-TH55。発売日に入手しました。 続きを読む

実は文房具フェチだったりする。 ボールペンなんて何本あるか分からない。 勿論、実 続きを読む

コメント(4)

こないだテレビで「インターネットをするときには手元にノートを置いたほうがよい」ってだれかが言ってました。
わたしはテレビ観ながらメモとってます。
(みのもんたの番組じゃないですよ)

コメント&トラックバックありがとうございます。
私もCLIEユーザーです。iCalとiSyncを併用してMacとも連携。住所録やあとで検索可能なメモ、お小遣い帳などとして使っています...が、どうも最近あのスタイラス入力がおっくうになっています。(さらさらっと入力できないんです。)

家の中でもメモをすることが多くなったのですが(単純に物忘れが増えただけ?)最近はどこに行くにも、小さいメモ帳を持って歩くようになりました。

私はfilofaxのバインダーを毎日持ち歩いています。薄型のバインダーを試したこともありますが、やっぱりfilofaxの23ミリリングじゃないと使いにくいようです。結構かさばります。

私もシステム手帳としてfilofaxも持っているんです。昔かなり凝ったので、革張りのいいやつなんですが...。

Newtonを使い始めた頃から、Newtonの重さに耐えかねて持ち歩かなくなり、それっきりあまり使わなくなってしまいました。今はNewton→Visor→CLIEときて、軽くなったのですがそのかわりにPowerBookを持ち歩くようになったので、結局重量増です。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2004年7月28日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「AirMac Express その4 : 最後に...」です。

次のブログ記事は「ツクツクホウシ初鳴き」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。