今日からNHK BSでチャップリン映画

| コメント(0)
チャップリン自伝
チャップリン〔著〕 / 中野 好夫訳
新潮社 (2005.4) ¥700
通常2-3日以内に発送します。
昨夜の特番に続き、今日からNHK BS2の衛星映画劇場で、チャップリンの映画が8月4日まで続きます。本日のモダンタイムズに始まって、最後のライムライトまで、無声映画の短編の放映もあります。チャップリン映画は久しぶりです。

高校の頃にハマって、かなり熱心に見ました...といっても主にTVでですが。中野好夫訳のチャップリン自伝は、当時はまだ単行本で4cmぐらいあるかなり大きな本でしたが、私にとっては非常に高価な本でしたけど、がんばって買って何度も何度も読みました。頭の柔らかい頃に読んだので、主な共演女優の名前はほとんど覚えちゃいましたね。

チャップリンの映画といえば、エドナ・パーヴィアンス(特に初期の無邪気で素直そうな演技が個人的に大好き。主に無声映画時代に出演しています。)ですが、お話としては、このヴァージニア・チェリルが出てくる街の灯が一番好きです。

街の灯 コレクターズ・エディション街の灯 コレクターズ・エディション
チャールズ・チャップリン ヴァージニア・チェリル フローレンス・リー


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今回の放映でも無声映画時代のものも何本か放映されますが、初期の作品ももっと見たいところ。無声映画時代のものは、ドタバタ振りが万国共通なので、以外と小さなお子さんにもお楽しみいただけますよ。
ラヴ・チャップリン ! 短編集 コレクターズ・エディションラヴ・チャップリン ! 短編集 コレクターズ・エディション
チャールズ・チャップリン


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

奇しくもちょうど今、アメリカのシネコンでエドナ・パーヴィアンスのビデオドキュメンタリーが公開中だそうです。未公開映像とか、チャップリンとの出会いなどが紹介されている模様。見たいなぁ。

エドナファンのサイトとブログ(英語)
Edna Purviance - Charlie Chaplin's Leading Lady - Welcome to Paradise
Edna's Place: Edna Purviance Extended Home on the Web

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2006年7月23日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「@niftyのフォーラム、2007年3月で終了」です。

次のブログ記事は「セミの初鳴き2006:ミンミンゼミ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。