田口宏睦「JASRACに告ぐ」@幸福書房

| コメント(0)
4883807401JASRACに告ぐ(晋遊舎ブラック新書 5)
田口 宏睦
晋遊舎 2008-02-15

by G-Tools
今月の中公新書の新刊で欲しい本が3冊もあり、本屋さんへ買いに行くことにしました。こういうときは、ネット注文では待ちきれません。わが家の家の周りの書店はここ数年で閉店して無くなってしまったため、小田急に乗って久しぶりに代々木上原の幸福書房へ行きました。

目的の本もあったのですが、幸福書房でまず目についたのがコチラの新書。実はJASRAC本社は代々木上原にあるのです。幸福書房...さすがです。よその書店ではあまり見ない新書なんですけどね。

そもそも「普遊舎ブラック新書」なる新書も初めて見ました。この本はそのNo.5。内容は「あの」JASRACという怖い団体についてのお話であります。

社団法人日本音楽著作権協会 JASRAC

内容はネット上や、記事で読んだことがあるような話からの引用も多く、新事実によってJASRACを告発するようなものではありません。この著者自身も、JASRACという団体を知ったのは1年ほど前だったそうなので、音楽に興味の無い人たちにとっては、なじみが薄いものなのですね。

それだけに、著者の「なんだこの組織は」という素直な疑問を通して、JASRACという組織を読者に知らしめる内容となっております。そしてiTunes Storeの話もチラっとでてきます。

いや縲怐AやっぱりJASRACって怖いですね。日本の著作権の利権...なんとかならんのでしょうか。でもこの本を読むと、どうにもならないのかも...という気もしてきましたが。

一緒にMacを特集しているDIMEも購入。話題のAirからiPodまで15ページに渡る大特集。フツーのWindowsユーザーのスイッチを促すような内容でありました。「ワザありデスク小物」という文房具の小特集も面白かったデス。

B0013LOIYODIME (ダイム) 2008年 3/4号 [雑誌]
小学館 2008-02-19

by G-Tools

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2008年2月28日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「MacBookは129,000円から」です。

次のブログ記事は「うちのTime Capsuleもいよいよ28日に出荷!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。