性懲りもなく手ぬぐい。

| コメント(0)

R0015123このほのぼの感を手にしたい気持ちは抑えがたし。また手ぬぐいが1本増えてしまいました。

R0015122早春らしい梅の柄も良いですし、ナゼニが本を読みながら歩き、パンくいがチョウを追いかけているところにグッときてしまいました。何度か洗って使用感がでるといい感じになりそうな色合いでもあります。


R0015121今までは、もっぱらタオルハンカチを常用していましたが、このところは手ぬぐいをハンカチの代わりに持ち歩く機会が増えました。これも春の手ぬぐいとして使いますよ縲怐B


コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2011年3月 6日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「デイリー raizo 紙」創刊。」です。

次のブログ記事は「「関口良雄さんを憶う」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。