谷川俊太郎「写真」を買ったのは、この1枚が決め手。

| コメント(0)

R0016084.JPG渋谷のUPLINK映画『ハーブアンドドロシー ふたりからの贈りもの』を観に行ったのですが、沈み込むようなリクライニングなシート(いろんなシートがあるのです)に座ってしまったため、前半かなり眠ってしまうという不覚。

映画館を出て、近くのSHIBUYA PUBLISHING BOOKSELLERSで買い求めたのがこちら。谷川俊太郎の「写真」という本です。これはカバーを取ったところ。

本のサイズが、ちょうど写真のL版。本のことは知っていましたが、こんなにかわいいサイズとは…と思わず手に取って立ち読み。谷川さんご自身が撮られた写真に、文章が添えられています。(詩ではありません)

R0016085.JPGその中に、チャーリー・ブラウンとスヌーピーの図柄のトランクの写真がありました。そう、私の中でもPEANUTSと言ったら谷川さん。私は詩人の谷川さんであるよりも、PEANUTSの翻訳者としての谷川さんのほうに最初に出会ったのでした。(PEANUTSコミックスの後ろには、翻訳者の1人として谷川さんの写真が入ってましたので…)

この写真が決め手で購入決定。でも、どの写真も良かったし、ちょっとエッセイのようでもある文が良かったデス。


コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2013年5月13日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「最近の悩みはiPhoneの中の写真の整理なのでした。」です。

次のブログ記事は「「Field Notes」の方眼ノートと鉛筆。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。