iPhone 6とPlus:型紙で実寸体験してみました。

| コメント(0)

iPhoneの型紙。すでにあちこちで試している方が多いようですが、iPhone 6発売前に大きさを実感したいところですので、私も型紙を使って実寸体験をしてみました。

印刷して調べよう。iPhone 6&6 Plusの大きさがわかる「型紙」 : ギズモード・ジャパン

iPhone 6 とPlus(型紙)PDFの型紙をダウンロードして、せっかくなので厚紙に貼り付けました。切りぬく前に15cmの定規を当てると、Plusの大きさがよ〜くわかります。やはりデカイです。


iPhone 6 とPlus(型紙)2つを切り抜いてiPhone 5sと比較。


iPhone 6(型紙)と私の手手に持ってみると…iPhone 6はギリギリ反対側に親指が届きますが…


iPhone 6 Plus(型紙)と私の手Plusは遠く及びません。親指が上に届くようなギミックになっても、反対側に届かないとなると、やはり私の手には片手操作は無理です。ちなみにそれほど手が小さなほうでもないです。


iPhone 6(型紙)とケース愛用のケース「ABITAX "Pocket"」にノーマル6を入れてみた所。頭が出ますが使えそうです。Plusはやはり無理。調べましたらこの上のサイズのLLサイズでもPlusは幅が足りないようです。


iPhone 6 Plue(型紙)とジーンズのポケット一番深そうなポケットのついたジーンズのポケットに入れてみました。ノーマル6はすっぽり入りました。Plusは頭が出ますが許容範囲か?このあたりはアップルのことですから、ジーンズのバックポケットではテストしたのかもしれませんね。


iPhone 6(型紙)とケース先日入手したほぼ日WEEKSの穂レットカバーの外ポケットに入れてみました。ノーマル6は余裕で入ります。


iPhone 6 Plus(型紙)とケースなんとPlusもちょうど入る大きさです!

これ、iPhone 6 Plusのケースとしても良さそうですよ。


…というような具合に、発売までのあいだ皆様もいろいろとお試しくださいませ。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2014年9月11日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「iPhone 6:ネットで予約しようと思います。」です。

次のブログ記事は「iPhone 6:予約完了。(ヨドバシ受け取りです)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。