QBB「古本屋台」〜古本好きが夢見る屋台。

| コメント(0)
何年か前に廃刊となってしまった「彷書月刊」で連載時に呼んでいた「古本屋台」。まさかのコミックス発売です。

タイトル通り、屋台の古本屋さんと、そこに通う古本好きのおじさまのお話です!


出すお酒は1杯100円の「白浪」のお湯割り。でも古本屋がメインなので1杯のみという渋い屋台。古本界の有名人も登場します。

こんな屋台があれば、お酒があまり飲めない私も通っちゃうかもですよ。通っていれば、欲しいなと思っていた本をおじさんが探して仕入れてきてくれそう…。古本好きにとってはほんとうに夢の屋台ですよねぇ。

毎回のタイトル「古本屋台」の下に、Q.B.B(本来は久住兄弟のユニット名)の省略バリエーションとして「(Q)給料日も、(B)ボーナスも、(B)僕にとっては夢さ」 とか「(Q)旧式、(B)ボットン、(B)便所ファンの集い」など、全回違ったバリエーションになっていて、それもちょっと面白かったデス。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

五月雨やけふも上野を見てくらす

このブログ記事について

このページは、raizoが2018年4月15日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「地上波で始まった「植物男子ベランダー」はファーストシリーズでした…。」です。

次のブログ記事は「観慶丸本店「左藤玲朗 硝子展」で小鉢を。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。