来年のカレンダーもいつもと同じラインナップで。

| コメント(0)

2020calender1年も残すところあと2ヶ月ちょっととなりました。文具店や本屋さんでもダイアリーやカレンダーがずらりと並ぶ季節。我が家も来年用のカレンダーの準備もほぼ終了です。ほぼ昨年と同じラインナップでございます。


TINTINの輸入カレンダーは、もう何年も使い続けている超定番。輸入カレンダーなので日本の祝日には弱いのですが、これはもう図柄優先。毎年楽しみにしています。

カレンダー/2020 | 2020カレンダー類,輸入カレンダー類 | | TINTIN NET STORE l

もう1つの定番は、高校の美術の先生だった浅井元義先生のカレンダー。地元石巻の風景のスケッチ画が使われています。先生は昨年亡くなられたのですが、今年も発売になりました。

そして昨年から定番化の「白川静 漢字暦」。漢字の元になった古代文字…好きなのです。

あとは、デスク用に「タツローくん卓上カレンダー」を予約済み。ちなみにこちらは予約受付が10/31までです。届くのは12月。

山下達郎 ONLINE SHOP

最後は、これもずっと紹介してきた印刷用のカレンダー。自宅で使うというよりは、職場でちょっとしたカレンダーが必要な時に重宝しています。(ヨソのサイトですが)是非ご利用ください。

印刷用シンプルなカレンダー (ご自由にお持ちください)

白川静 漢字暦 2020 ([カレンダー])
白川 静
平凡社 (2019-10-02)

コメントする

アーカイブ

子規の一句

余所の田へ螽のうつる日和哉

このブログ記事について

このページは、raizoが2019年10月26日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「IIJmioのeSIMアクティベート。思ったより簡単でした!」です。

次のブログ記事は「吉岡乾「現地嫌いなフィールド言語学者、かく語りき。」:本屋で出会わなければ読まなかった本。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。