「茄子 アンダルシアの夏」

| コメント(0)

上野の東急で鑑賞。午後6時前の回だったのですが夏休みにもかかわらず客は4人。30代の男性2、おばさん1そして私。上野で映画を見たのは久しぶりなので、この閑散とした雰囲気が上野だなぁ...となつかしくもありました。

ジブリの作画監督をしていた人なので、宮崎駿系。実質45分くらいで短かったけど、充分楽しめました。原作の黒田硫黄のマンガも強烈に読みたくなりました。(これをアップしたらヴィレッジ・ヴァンガードに買いに行こうっと!)エンディングテーマは清志郎(また出た!)が歌う自転車メーカーずくしの歌。これもまた最後のプレゼントって感じで良かったです。でも画面がワイドでは無かったりして、あとでテレビでやるときに見ればいいかなって思われちゃうのかな。しかし、このところのハリウッドのパート2・3物にちょっとやられていたので収穫です。
公式サイト

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2003年8月18日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Movable Typeでリスタート」です。

次のブログ記事は「もうすぐPowerBook?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。