黒田硫黄「セクシーボイスアンドロボ」

sexyvoice1.jpg黒田硫黄のマンガを読みました。「セクシーボイスアンドロボ」の1・2巻、「黒船 」「大王 」の2冊の短編集など。高野文子の「黄色い本 」以来、読んだな〜という感じがしたマンガでした。昔はずいぶんマイナーなマンガも読んだのですが、最近はさっぱり。

をとったのと、映画の原作ってところで動機づけ。今は「茄子」3巻までを読んでいるところ。
黒田硫黄のマンガに出てくる女の子はみんなどことなく似てる。今時のしっかりした女の子って感じで、みんな基本的に頭が良さそう。彼の理想の女性なのか???...私は「ロボ」が好きです。

大日本天狗党絵詞 も読みたいんですが、一度にこんなに買ってしまってはお金が無くなるので、また後日に読むつもり...。

トラックバック(3)

最近なにかと話題の黒田硫黄。ユリイカに特集されたり、「茄子 アンダルシアの夏」が映画化されたりと。にしても、うまい事タイミングを見計らってこの書籍を出版する編集者に感服��... 続きを読む

局長室にて。。。。。 【鉄風】  当サイトは海外のフリーゲームやフラッシュを紹介するサイトです。 日本の他のサイトにはないゲームやフラッシュが多数あります。 毎日更新するの��... 続きを読む

セクシーボイス アンド ロボ - セクシーボイス アンド ロボ (2007年2月19日 03:16)

松山ケンイチ テレビドラマ 最新情報 続きを読む

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2003年9月10日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「SONYの「スゴ録」HDは250G!」です。

次のブログ記事は「AirMac BaseStationの病原」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。