東芝、パソコン事業見直し...

| コメント(0)
Appleはノートの時代だと高らかに宣言する一方、ノートに特化していた東芝は250億の赤字す。 ZDNN:東芝、収益悪化のPC事業戦略を見直し HP(ヒューレット・パッカード)の値下げ戦略に負けてしまったそうで。確かに最近日本でもDELL並に広告が出るようになりましたね。強気のフィオリーナ...。職場はDELLばっかりなので、そろそろHPでも買ってみてはと思ったりしてました。Appleも価格競争の影響が無いわけではないけれど、ブランド力があるから、多少高くても買いたいと思わせる一定のユーザーを持っているのでしょう。商品デザインに力を入れるのもそれもまた企業戦略なわけで。 東芝のノートパソコンは最近はどうも特徴が無く、選択されないのもMacユーザーから見てもわかります。私のイメージだと、国民機の安心感でNEC(まあここも頑張らないと...)薄さでシャープ、AV機能でソニー、世界最軽量や他にないしかけでで頑張る松下。ちょっと高級で堅牢なイメージのIBM...。ペン入力のパソコンを投入するみたいですが、先行き少し怖いですね。失敗しないことをお祈り致します。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2003年9月17日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「New PowerBookなどなど...」です。

次のブログ記事は「ゲロッパ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。