Studio Display 帰ってくる

| コメント(4)

今日、帰宅すると、液晶Studio Displayが修理から戻ってきていました。火曜日に福山に出したので、中1日で戻ってきました。おかげさまで予想通り「Inverter DC-AC」の交換で税込みで30,450円で済みました。この修理代金も確かに高かったけど、6万円じゃなくてほんとにほっとしました。修理の受付の人がもう少し的確に判断してくれれば、こんなにハラハラしなくて済んだのですが、まあ高くふっかけて新しいモノに買い替えてもらった方がいいのかな...とも思ったりしました。しかしコールセンターは別として、素早い修理サービス部門の対応には感謝いたします。

ちなみに今回は自分で受け取ったのではなかったのですが、福山のお兄ちゃんはやっぱり今回もダメで、ヨソのうちの受け取り伝票を持ってきたらしいです。も〜っ!

コメント(4)

ここみて非常にショックを受けております。
同様の故障で修理したのですが私の方は73500円でした。
(怒)
私も同じ867のQS&17インチです。
お店の5年保証があったので損はしていませんが、保証の残がなくなるくらいの修理で当時の安くなった17インチと変わらない位の修理代です。。。。
怒りにまかせてアップルに電話すると休みでした。週明け電話して、値段の違いを聞いてきます。

ROSさん、こんばんは。
この修理を出したのは2年前なので、修理の内容が同じでも、費用が変わっている可能性は大きいと思います。製品とその部品もどんどん古くなりますし、アップルはかなり煩雑に修理料金の体系が変わります。
アップルのサポートも、サポートが素晴らしいとは言えないので、擁護するつもりはありませんが、同じ製品とはいえ、単純には比べられないということはご了解下さいね。

早いレスありがとうございます。
私の方は今年3月でした。同じ部品の修理で2倍以上高くなっていることの理由として料金体系の変更等では無理がありませんか? 冷静になってもやはりおかしいと思います。どこで値段が2倍になったのか詰問してみます。

ROS 様
疑問に思ったことは聞いてみるべきだということは確かです。
私も、最初は6万円だと言われ、買い替えるか修理して使うかかなり悩み、
ネットで情報を求めていろいろ調べたことを思い出しました。

納得のいく回答が得られるといいですね...。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2003年11月27日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ナップスター1年以内に日本上陸?!」です。

次のブログ記事は「ジョブスが今夜のNHKニュースに」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。