.Mac Nightの続き

| コメント(0)

applegiftcard.jpg当初は行かないつもりだったのですが、都合がつきそうだったので急遽参加。年額12,000円ドカンと払ったので、少しでも回収したかったというところもありマス。これ月払いとか半年に1回とか、もう少し分割してくれると助かるんですけどねえ。
(写真はApple Gift Card)

ノー残業でストアに到着したのは6時半前ぐらい。店内はなんとなくサラリーマン率が高いなあ...と思いながらセミナールームのある3階へ。Final Cut Expressのデモ中でしたがすでに席は満席。席の後ろの方ではPowerBookを持ち込んで、内職(Webサーフィン)をしている方もチラホラ見かけました。

まだ少し時間があるかと思って4階へ移動。ここでスタッフの方に、特別ディスカウントのことを聞いてみたのですが、7時からのイベントで紹介するとのこと。私はてっきり昼間っからやっているイベントかと勘違いしていて、ほんとに7時から開始なのだとこのとき初めて認識。さらに、混雑しそうなので早く会場に行った方が良いですよ...とのアドバイスを受けて3階に戻りました。

先ほどよりも更に混雑率が増しており、全然前が見えません。前の方に進んで空いている通路部分に座り込むことにしました。やがて通路ももう一杯になりました。Final Cut Expressのデモ後、急遽この企画を2回に分けて実施することに決まったことが発表。8時から第2部とのことで、部屋の外がどうなっているのか少し気になります。

そして予定通り7時にイベント開始...といっても「講演」風でしたね、クパティノのスタッフ2人が通訳を交えて.Macの紹介です。少し段取りが悪いような気もしましたが、ま、仕方ないのかな。個人的には驚くようなTipsが聞けたという程ではありませんが、もう少し質疑応答の時間が取れると良かったと思います。最初の質問に立った方が、少しはずした質問(Wikiを.Macサーバで使えないかという話)で時間とられてましたし。でも次の回の人たちが大勢待っているので、これもまた仕方なし。そうして時間がおしている中、最後に店長が登場。

白い小箱を振り回しながら、Ginzaのストアの意気込みを訴えた後、.Macメンバーには特にこのGinzaのお店を宣伝して欲しい!そこで...ということで、最後に問題の「ディスカウント」の内容が紹介されました。小箱はディスカウント用のApple Gift Cardというものだったのです。箱の中にカードが入っていて、裏には

日本国内のアップルの直営店 Apple Storeで販売される商品を1回のみ10%割引でお求めいただけます。本カードの割引は商品の購入に適用されます。本カードの使用は1回限りで...
と書かれていました。店長の説明によると、いろんなものをまとめて買っても、1度に支払えばとにかく全部10%ディスカウントだそうです。有効期間は今日(12/10)から年末まで。う〜む。iPod購入の夢がまた復活しそうです。

セミナールームを出るときに、おみやげのゲームと小箱を受け取ったのですが、階段では上に向かって列ができていて、次の階をまつ人たちが少し憮然とした表情待っています。その列は4階の売り場の中にも続いていてかなり妙な状態になっていました。あの様子だと2回目は8時半くらいからはじまったのではないかと思いますので、お帰りは10時過ぎていたのではないでしょうか。帰りにお買い物する人のことを考えると...11時くらいになりそうな勢い。幸い忘年会シーズンで、銀座は夜遅くまで人通り多そうでしたけどね。

列とお客が入り交じる4階の売り場で、例のPorterのケースのことを質問してみたところ、ケースだけ単体で売っているのだけれど、あっという間になくなってしまうようです。オープンの日も売ってたんですね。今日も午前中で売り切れたとか。でもケースだけで買えることが確認できたので、10%ディスカウントで買ってもいいかなという気になってきました。ちなみにケースは予約やお取り置きは不可だそうです。完全に乗せられてますね。

iPod買い替え、またストアに来る機会もあるので、それまでもう少し考えてみます。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2003年12月11日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「.Mac Nightに行ってきました」です。

次のブログ記事は「吉田カバンのiPodケース一般販売開始」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。