Digital media mogul...大立者ですか

| コメント(0)

ITHjobs"Digital media mogul"
→ デジタルメディア界の大立者
"Steven Jobs tilts the balance of power"
→ ジョブスは力関係をひっくり返す
...タイトルからするとこんなところでしょうか。間違っていたらごめんなさい。
朝日新聞が提携しているInternational Herald Tribune紙の本日の1面に、ジョブス氏の記事が出ていました。元はNew York Timesからの記事です。

ディズニーとピクサーとの提携解消のニュースに関連して、AppleとPixerの2つの会社を通じた、ジョブスのデジタルメディア界での活躍振り(?)を紹介しているようです。iTunesで音楽業界に一石を投じた後は、ハリウッド(映画界)でなにかやってくれそうだ(でも実際にハリウッドに行く必要はない)...という締めくくりです。

しかし、ディズニーはぼったくっていましたね。興行収入の12.5%、収益の50%(これはキャラクタービジネスのことでしょうか)も取っていたとは。はじめはディズニーのブランドと宣伝力もあっての成功でしたが、確かにそろそろ独り立ちしてもいいでしょうね<Pixer。

ジョブスが$10million(10億円)で買ったPixerの会社が、今や380億相当だから...38倍かぁ。その他に利益もあるわけだし。これだけPixerで儲かってれば、Appleでは無報酬で働いているのも納得。MacユーザーはPixerのお世話になっているということですね。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2004年2月 3日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「来た〜Safari 1.2 !!!」です。

次のブログ記事は「Nifty Serveから13年」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。