「ソウル・フード」

| コメント(0)
ソウル・フード(サントラ)
昨年録画してそのままにしていたソウル・フードをやっと見ました。この映画のサントラは公開当時に買った(でもCDの山の中で探し出せず...)のですが、映画は未見でした。

この映画はベビー・フェイスが初めてプロデュースした映画で、当然音楽も監修、本人も出演しています。


CDのジャケットを見ると、ヴァネッサ・ウィリアムスが主人公(amazonの紹介にも主演って書いてあるなぁ)かと思ってしまいますが、彼女はあくまで脇役で、主人公はその甥の男の子です。ソウル・フードというのはアメリカ南部出身の黒人のお袋の味...というところでしょうか。毎週日曜日にこの一族が実家に集まって開く、ソウル・フードの食事会を中心に話が進んで行きます。ベビー・フェイス目当てで見たのですが、想像していたより良い映画でした。TVでは話の最後にいきなり終わってしまったため、エンド・クレジットに流れるはずのBoys II Menの歌う主題歌 "Song For Mama" がじっくり聴けなかったのがちょっと残念。

三女の夫役の俳優は、どこかで見たな(毎度ですね)と思っていたのですが、スパイク・リー監督の「クロッカーズ」の主人公だったのですね。スパイク・リーの最新作「25時」も見に行くつもりで前売り券買っているのですが、まだ見ていません。スパイク・リーも好きなのですが、主演のエドワード・ノートンも好きなんです。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2004年2月22日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「金魚坂」です。

次のブログ記事は「Freddieの切手コレクション」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。