Faber-Castellの鉛筆補助軸

fabercastell extender本日より「Stationery」のカテゴリーを新設!文房具ジャンキーなエントリーはこちらに分類することにしました。これだけパソコンやら携帯やらが活躍する時代になると、とかく文房具も縁遠くなりがちですが、手書きも大切にしたいと思っております。(ただし字が汚いので他人様には見せられない...)

ということで、急に最近気になってきた「鉛筆補助軸」。銀座の伊東屋に行ってみたのですが、タンポポ印の鉛筆補助軸は見つかりませんでした。かわりにFaber-Castellの高級な補助軸を発見。エクステンダーって言うようです。このエクステンダーの特徴は...


fabercastell pencilなんとキャップ部分にシャープナーがついているのでした。キャップタイプですから持ち歩きにも便利。胸ポケットにも差すことができますし、いつでも鉛筆が削れるとは!いつでもスケッチしたい絵心のある方にもいいですね。

ちなみにこれは伊東屋限定のプラスチック製で、200円の鉛筆1本付で税込3,150円也。ちょっと高かった...。本当はワンランク上のアルミで高級感のあるタイプもあったのですが、使ってみてもう1つ欲しくなったらこっちを買うつもりです。

トラックバック(1)

now and thenのraizoさんは、ファーバーカステルのパーフェクトペンシルを買ったらしい。伊東屋限定のプラスチック製モデルというのがあるのは知らなかった。田舎には伊東屋はない。この�... 続きを読む

コメント(2)

うおぉ〜、文房具好きにはたまらないカテゴリーができてうれしい限りです。
しかもかなり高級な鉛筆補助軸!
鉛筆を携帯できるってスゴイですよね。
私もひきつづき、たんぽぽ印の補助軸を探します!

ちびた鉛筆に差して1日使ってみたところ、ことのほか使い心地が良かったので、もうすっかり「高級タイプ」も欲しい気持になっております。 

100円で売っている、いわゆる普通の鉛筆補助軸は、すぐに鉛筆がゆるんできて全然ダメっす。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2004年3月27日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「iPod mini は7月以降だそうで」です。

次のブログ記事は「小田急線:下北沢駅周辺が地下化」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。