Office 2004 for Mac 体験版でMS Pフォントをゲット

マイクロソフトのOffice 2004 for Macをダウンロードしてみました。194MBあります。ダウンロード後にできるイメージファイルからハードディスクにコピーするだけで30日間試用できます。起動時と終了時にいちいちダイアログがでる、画面のシートのバックにすかしが入る、印刷ができない...などの制限がありますが、ほぼ全ての機能が使えるようです。

MS PフォントをFontBookで見る最初にExcelを起動したのですが、今までのOffice同様、初回起動にいろいろと勝手にインストールしてくれるのですが、お約束のMS P明朝とMS Pゴシックもちゃんと入っています。そしてデフォルトもMS Pゴシック(しかも11ポイント)になってます。Remove Officeがセットになっているので、いらなくなったり期限が切れたらこれで削除すれば良いのですが、なんとこれで削除してもPフォント2種は残していってくれます。やった!!!

これで業務上の支障が1つ減りました。Pフォントな書類がきてもわざわざWindowsにもっていかなくても済みます!Office 2004にアップグレードしなくても良くなっちゃったかな。

私自身は、Wordはよそから受け取る文書を読むためのもの。PowerPointでプレゼンする機会もなく、結局はExcel中心なのですが、設定パレットは使わないと半透明(OS Xらしいですね)になったり、パレットもユーザー側がカスタマイズできるようになったりと、パレットまわりが便利になりました。シートにもcm単位のルーラがつき、シートのデフォルトが印刷イメージとなり、さらにパレット上でページ設定ができるので、シートのレイアウトもやりやすくなっています。

前回のエントリーでOffice Xでパスワードのかかったシートが開けないと書きましたが、あれはマクロに互換性がなかったからということが今回はっきりしました。Office 2004では、そのパスワードがかかっていたシートを開くことはできるのですが、マクロを有効にできないのです。なにかマクロの組み方に問題があるようです。Windows版では使えるマクロなんですけどね。ちょっと残念です。

トラックバック(4)

now and thenさんより。 先日、紹介した「Office 2004 for Mac 体験版」ですが、 これをインストールすると、「MS Pフォント」が手に入るという裏技が。 体験版には、フル機能の「MS P明朝」と「MS Pゴシック」が入っているそうなんです。 さらにさらに、Office2004の体験... 続きを読む

私もさっそくダウンロードした。MSフォントはwindowsユーザーが周囲にいる限りどうしても外せないフォントだ。 続きを読む

now and thenさんより、'Office 2004 for Mac 体験版でMS Pフォントをゲット' できるらしいです。 続きを読む

こちらのエントリーでご紹介したMS Pフォントですが、その後しばらく仕事で使っています。Microsoft Excel Xにおいては、画面上でフォントが正しく表示されないようです。表示上の問題だけで、印刷すると大丈夫だったりします。(例:もらったPフォント入りのシートを開く... 続きを読む

コメント(2)

えへへ、やっとコメントできます。
今朝方、コメントしようとしていた一人です。

俺も2004は例のフォントの為に購入を考えていたんですが、まさかこんな方法で手に入れる事ができたとは...(笑)

有益な情報をありがとうございます!

外部の方にコメントいただいてほっとしました。

私もWin版のPフォントを使えないのか試してみたり、なんとかフリーでどこかにないのか探したりしていたのです。

悩んでいたのは私ばかりでは無かったんですね。お役に立ててうれしいです!

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2004年5月22日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「iTunes 4.5 for Windows日本語版公開で...」です。

次のブログ記事は「コメントできなくなっていた...」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。