Mr. Steve Jobsのがん手術

So Wh@t ?: ジョブズがガンの摘出手術・・・を読んで知ったのですが、昨日は、夕刊記事にまでなっていてびっくり。日本でもやっぱり有名人なんですね。

ITmediaニュース:スティーブ・ジョブズ氏ががんの手術。術後は良好 同氏はメールの中で、腺がん(adenocarcinoma)と呼ばれる比較的一般的な型のすい臓がんではないと説明している。腺がんの場合は、診断後の平均余命は約1年となる。
そうでしたか。膵臓ガンはかなり難しい病気だと聞いていたのですが、比較的予後の良いほうのガンだったのですね。ホッ。

ネタフルさんやModern Syntaxさんのところの記事も読みましたが、私も「もしジョブズがいなくなったら...」と思うと、アップルの将来にも不安を覚えました。ファン(?)のためにも元気で長生きして下さい。

追記:Maskinのデジタル最前線 :なぜAppleはユーザーの心をつかむのかの記事にもこんな時なのでなおさら納得...。だからアメリオやらスカリーは今ひとつだったのかな。

トラックバック(1)

スティーブ・ジョブズ、ガンの摘出手術--来月復帰の見込みというニュース。 Apple Computer最高経営責任者(CEO)のSteve Jobsはこの週末、... 続きを読む

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2004年8月 3日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「NewBalanceトート (2)」です。

次のブログ記事は「iPhotoアップデート4.0.2」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。