パティシエ・イナムラショウゾウと上野桜木

| コメント(0)

Inamurashuzo ケーキを買いに、わざわざ上野桜木にある「パティシエ・イナムラショウゾウ」まで行ってきました。昨年の今頃に行ったときは、列に並んだら「ごめんなさい、もう生菓子はありませ〜ん」と店長(稲村氏)みずからの無情の声。苦節1年、やっと初体験できました。

地下鉄の根津駅、千駄木寄りの出口を出て、言問(こととい)通りを東に進みます。そのまままっすぐいってもいいのですが、歩道が狭くて歩きにくいので、セブンイレブン&デニーズが見えたら左にまがって1本北よりの道に入るとのんびり歩けます。

Kashiwayuzenkei途中に元銭湯「柏湯」のSCAI THE BATHHOUSEがあります。現在は横尾忠則 - in the bath展開催中。無料なのでのれんをくぐって中に入ってみると、横尾先生ご本人がギャラリーの隅(写真で言うと貯水塔みたいなものの下のあたりの部屋)で大声で打ち合わせ中でした。

柏湯を出て、交差点を渡り、さらに細い道をいきどまりまで進むと谷中霊園の桜並木の道に出ます。左に曲がって正面に進むと、徳川慶喜など有名人のお墓多数の谷中霊園ですが、すぐ左手にまわりの雰囲気とは全く違う別世界、 パティシエ・イナムラシュウゾウの店があります。買ったケーキをお店の前に置かれたベンチでさっそく食べる方も多いようです。まわりになにもないですからね。墓地やお寺で食べるわけにもいきませんし。

Inamuracake200410帰りは、そのまま言問通りを東に進み、陸橋を渡ってJRの鶯谷に降りて帰りました。普通は鶯谷駅から歩いてくる方が多いようです。陸橋の下あたりは根岸というところですが、少し奥に入ると正岡子規の「子規庵」があります。

...で、あまりおいしそうに撮影できませんでしたが、秋の季節限定モノを中心にゲット。マロンのケーキ(手前の四角いケーキ)はほんとうに栗満載(和栗と洋栗が両方入っている)で、栗が好きな私としては大満足でした。よし、またいくぞ!

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2004年11月 7日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「iPod Photoの実物を見に行く」です。

次のブログ記事は「VertigoはU2久々のヒット!?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。