AERA10月31日号「iPod世界制覇に愕然ヒルズ族」

AERA10月31日号で、ネットとメディアの特集「iPod世界制覇に愕然ヒルズ族」を読みました。日本で楽天&TBSに騒いでいるうちに、コンテンツを流通させる新しい一歩が踏み出された!というような内容でした。放送局不要論を予感させるってことらしいです。

映画の時代が終わってから、長くテレビの時代が続いてきたけれど、これからは、放送局も色々なメディアと競争する時代に突入しそうですね。APPLEがどこまでこの流れに食い込んでいくのか、今後も注目です。

トラックバック(1)

AERA 2005年10月31日増大号に、「iPod制覇に日米愕然ービデオ発売で勝負あったかー」という記事があった。 ネット上の朝日新聞社の本のサイト O... 続きを読む

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2005年10月26日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「An All-Star Tribute to Luther Vandross」です。

次のブログ記事は「金沢21世紀美術館:タレルの部屋」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。