iSquint 1.0rc1(まだテストバージョン)

| コメント(0)

Isquint10
何度かご紹介した、Video iPod用の動画変換アプリケーションiSquintのバージョンがとうとう1.0rc1になりました。まだテストバージョンのようですですが、もう完成間近のようですね。

Drag and drop support onto iSquint icon in Dock and in Finder! 3GP video import support. Advanced bitrate settings for H.264 now work correctly. Auto-Add to iTunes bug fixes. Now compensates for the weird aspect ratios of HDV and other similar formats. Fixed a trivial UI glitch.
アイコンへのドラッグ&ドロップ(個人的にはこれはうれしい!)、3GPビデオのサポート、iTunesへの自動登録のバグフィクスなどが変更点。ちゃんと日本語にローカライズされています。WMV 7/8もサポート。Flip4Macのプラグインを使用すればWMV9も変換できるようです。

iSquint0.9のiTunesへの自動登録には、実は私も悩まされていました、最初の頃は、このアプリの製作者の謎のソース(映像クリップや音のファイル)がなぜかiTunesにどんどん追加されたり、変換したファイルの名前が全部「T」になってしまったり。そんな状況だったので、MPEG Exporter TNGをメインに使っておりました。しかし1.0になってやっと安心して使えそうです。

MPEG Exporter TNGは多機能で便利なのですが、初心者には少し難しいのと、今どのぐらいまで処理済みなのかとか、あとどのくらい時間がかかるのかがまったくわからないので、少し不安になります。このあたりが改善されるとうれしいなと思っております。

年末はこのMPEG Exporter TNGを使ってショートビデオを100本近く変換してヘトヘトなので、変換作業はしばらくおやすみ。iTunesのライブラリも音楽ファイル・PodCast・ビデオデータが入り交じってゴチャゴチャになる一方なので、ひとまずここらで整理しないと...。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2006年1月 4日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「AppleStoreの福袋の中身ウォッチング2006」です。

次のブログ記事は「不忍池に立つユリカモメ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。