「古本通 市場・探索・蔵書の魅力」

| コメント(0)
4582853188古本通 市場・探索・蔵書の魅力
樽見 博
平凡社 2006-04-11

by G-Tools
今朝の朝日新聞の土曜紙「be」の特集「フロントランナー」は、ミスター神保町・八木福次郎氏でした。「古本ブームというよりむしろ古本屋ブーム」ということで、最近の古本屋事情を交えての八木氏の紹介です。

で、ちょうどこの本を読んだばかりだったのです。この本の中にももちろん八木氏も登場。古書業界のしくみから、古書探し、蔵書家の紹介など、古書の世界の教科書的な内容になっております。古本の世界に足をちょっとつっこんでみたばかりの私にはぴったりでした。読書離れで本屋さんだけでなく古書店も大変そうですが、世界に類を見ない古書街の神保町...そして、日本の古書文化が末長く続くといいですねぇ。

ついでにこちらも購入。この全集が1冊ずつ揃うのはうれしいのだけれど、どんどん本を置く場所がなくなりつつあります。本当は立派な本棚が欲しいのですが、住んでいる建物が古いので、本が増えると家が傾く!と、日々家人に文句を言われています...。(「古本通」には「有利な蔵書の処分法」という項目もありましたが、私にはあまり参考になりませんでした。)

4081310033完訳 ファーブル昆虫記 第2巻 上
ジャン=アンリ・ファーブル 奥本 大三郎
集英社 2006-03-04

by G-Tools

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2006年4月15日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「トラックバック復活しました」です。

次のブログ記事は「「ウクレレ ウルトラマン」でなごむ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。