マリアージュフレールのダージリン・ヌーヴォー

| コメント(2)

Moondakotee愛飲している紅茶のお店、MARIAGES FRÈRES。いつも飲んでいる紅茶の茶葉を買いに行ったところ、今年のダージリン・ヌーヴォー(新茶)が登場していました。

今年のは3種類用意されていて、お店のギャルソン(マリアージュは店員さんが若いお兄さんばかり...)にその違いをきいてみたたところ「それぞれ購入していただいて味を飲み比べていただければ...」とセールスされました。よく訓練されてますな。しかし50gで2,680円(...位だったと思います)もするので、2つはとても買えない...ということで、「Moondakotee」というリーフを購入。

このヌーヴォー茶葉。ギャルソンには「お茶を入れる際は、説明書の通り入れてくださいね...味が違いますよ」とのアドバイスをいただきました。普通のダージリンは、お湯を入れてから長めに5分近く待つもの...と思っていたのですが、この新茶の場合はお湯を入れてから3分待ち、リーフをとってさらに1分おいてから飲むと香りが引き立つのだとか。

その通りに入れたお茶は、まさにフルーティーな香りで、久々に「おいしいっ!」と感じたお茶でした。フルーティといっても、私の感覚としてはバナナケーキのような感じがしましたね。フレーバリー・ティーのような甘い香りというのともちょっと違います。

私は元来紅茶党。友人にマリアージュ・フレールの紅茶をいただいてからすっかりファンになりました。様々なフレーバリー・ティーで有名なのですが、私はフレーバリー付のものはちょっと苦手。最近は「ポンディシェリー」という、ブレンドの茶葉を毎朝飲んでいます。気が向いたときにはアッサム・ティー系でミルクティーにしたり、午後のティータイムにはちょっと高級なダージリン...という具合に、常時何種類か茶葉を用意して楽しんでおります。お店の「ギャルソン」達の茶葉の知識も豊富なので、こんなのが飲みたい...というと、たくさんある茶葉から希望にあわせたお茶を選んでくれますよ。

おいしい紅茶を飲むと、ほんとうにホッと一息つけます。ふ〜。

こちらはマリアージュ・フレールの輸入モノの缶入りリーフ。これはマリアージュの代表的なフレーバリー・ティーです。
マリアージュ・フレールのマルコポーロ厳選銘柄コレクションクラシック缶贈り物用ロゴ箱装丁100... マリアージュ・フレールのマルコポーロ

コメント(2)

こんにちは。
マリアージュフレールというと、おいらは「アルテミス」を買っていまーす。raizoさんの苦手なフレーバリー・ティーなのですが、、、(^^;) ホットだと甘ったるいので、主にアイスで愛飲。特にこれからの季節、そうですね〜夏などにおすすめ。おいしいよ。抽出は水出しで。といっても常温で水に一晩浸しておくだけなので、簡単デス。
でもあのお店、ちょっと雰囲気が苦手なのです。。。(^^;;)
なので、最近はもっぱら「トワイニング紅茶/レディグレイ」を飲んでます。(こちらもフレーバリー・ティーですけど‥‥)スーパーで売ってますので、とっても買いやすい。それと、、、と・特売の時に。(^^;;;)
あと、マリアージュフレールの缶は使いにくいですよね〜。といいながらうちに5個くらい転がってますけど。以前TV番組で、日本でお店を出しているイギリスの紅茶達人が言ってましたが、「紅茶の保存には、日本の茶筒が一番ネ」とのこと。それ以来、マネしてまーす。やっぱり使いやすいの〜。
ではでは。

そうですね、マリアージュのお店のあの「ギャルソン」の雰囲気は独特。
主に女性客向けということであんな感じなのでしょうか。
長年あの缶と付き合っているので、今はすっかり慣れましたが、
非常に開けにくいことは確か。
なるほど、日本茶の茶筒というのは優秀なのですね。
最近はマリアージュでも茶筒風の入れ物も扱っていますよ。
もちろん「高い」のですが...。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2006年4月21日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Intel MacのFirmware Update 1.0.1」です。

次のブログ記事は「海月書林の「いろは」4号」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。