Ultimate Ears Super.fi 5 Pro にしました!

fi 5 proのパッケージMacBook ProをAmazonで買った際に還元された2万円のギフト券がやっと届いたので、Ultimate Ears社のイヤフォン、Super.FI 5 Proを購入しました!

満足のいく音になるまでには100時間以上のエージングが必要だそうです。ということでまだまだ本格的な音ではありませんが、1週間程使ってみた感想を...。

今まではShureのE2cを使用。現在は購入してから2年以上経過し、スリーブが黄色く変色しています。コードのあまりの長さに三つ編みもしています。幸い断線もなく現在も快調に使えています。
now and then: iPod用イヤフォンはShureのE2cに!
now and then: 私も断線覚悟で三つ編みに...Shure E2c

Super.fi 5のパッケージの中身セットの中身はこんな感じです。付属のケースは2種類あって、高級感があります。

まず最初に音を聞いてみて、音が非常にクリアなのでびっくりしました。まだイヤフォンそのものがこなれていないため、始めは音がとんがった感じで、シャキシャキと耳障りでしたが、使っているうちに少しずつこなれてきています。特にアコースティックなソースですと、それぞれの楽器の音色がしっかり聞こえ、以前に比べてステレオ感がグレードアップしました。

Shureと比べて大きく違ったのは密閉感でした。Shureは完全に耳の穴に栓をしてしまうような感じでしたが、Super.fiはそれほどの密閉感は得られません。私は比較的ベースなどの音がズンズン聞こえるほうが好きなのですが、このあたりはある程度密閉感がないと得られないので、E2cであってもShureの方が意外と出ている(しかしこれもある程度エージングしてこなれてきた後ですが)ように思いました。Super.fiも手で押さえれば重低音もしっかり聞こえるのですが、ずっと両手で押さえているわけにはいきませんし...。裏を返せば周りの音もある程度聞こえるということなんですけどね。特に周りの騒音が大きい地下鉄通勤の方には、Shureのシリーズの方が良いかもしれません。

スリーブは試行錯誤して、結局一番大きいタイプを使用中。ちなみに一番大きいスリーブでもShureの一番大きいスリーブより小さいのです。実は私は耳が大きく、Shureのスリーブも一番大きいものを愛用していました。密閉感が少ないのはそのせいもあるかもしれませんね。

しかし密閉感が少ないということは良いこともあります。Shureは音に没頭できるのはいいのですが、そのかわりに周りの音がほとんど聞こえません。そのために下車駅を通過してしまったことも何度かあります。それはまだ良いとして、歩きながら装着していると、歩く振動がボスボスと耳に響きます(もちろん走るとさらにボリュームアップ)し、食べたり飲んだりしながら聞いたりすると頭の中に口の中の音が響きます。装着中に仮におせんべなんか食べたら、頭の中が「バリバリッ」という音で充満して大変なことになります。

Super.fiのほうは、そこまで「栓」をされないので、歩きながら使用しても不快感がなくなりました。ウォーキングや軽いジョギングをしながら聞いたりすることもできそうです。(Shureでは無理でした...)

Fi5Proflowerというわけで、耳への装着方法については日々試行錯誤中。なかなかピタっと収まらないので苦労しています。装着時にパっと目にしてイヤフォンの左右がわかりにくいので、右側のほうに小さいシールを貼ってみました。しかし、耳にひっかける部分にワイヤーが入っていて、ケーブルをひっかけやすくなっていますし、ケーブルの素材そのものにハリがあり、絡まりにくくなっていたりと、細かいところで配慮されているなと思いました。

Shure E4cも試してみたい気持ちもありましたが、Super.fiで満足できそうです。意外にもサブマリン感(密閉感)が低いところで満足度が髙くなりました。音質も日々良くなっているような気がしますし、音の成長を楽しみつつ使っているところです。

Ultimate Ears 9900-40732-12 SUPER.FI 5 PRO/WHITEUltimate Ears 9900-40732-12 SUPER.FI 5 PRO/WHITE


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

楽天ですと税込みではこちらが最安値。Amazonよりちょっと安い...。
Ultimate Ears Super fidelity 5 Professional - Black(Super.fi 5 Pro)

重低音を求めるならこちらのほうがいいそうです。
Ultimate Ears Super fidelity 5 Extended Bass - White(Super.fi 5 EB)

通常は白と黒の2色ですが、AppleStoreでは限定カラーでクリアタイプも販売中!ギフト券絡みでなければクリアにしたのですが...。
ipodphone_486-60.gif

トラックバック(1)

現在慣らし運転中のUltimate Ears Super.fi 5 Proですが... 続きを読む

コメント(4)

仰るように、手で押さえるとクリアに聴こえるのに、手を離すと...。
また僕は耳が小さいのでどうしても合いませんでした。
で、わずか3日でUltimate Ears Super.fi 5 Pro → Shure E4cに変更しました。
やっぱり人それぞれですね。

そうですか...E4cもやはり捨てがたいですね。機会があったら是非使ってみたいところです。
「仰るように、手で押さえる」...実は私も、そうすると、よりしっかり聞こえることは確かです。そのあたりが密閉感度小の理由です。
初日は正直言って少し不安もあったのですが、1週間あまり毎日使っているうちに、だんだんと調子があがってきたところです。

僕はshureシリーズを使ったことがなかったので
音の比較が聞けてよかったです。
友達のEtymotic Research ER-6iと比べると
こっちのほうが低音が強めでした。
僕は最初使ったときコードが細くてビックリしました。
後やっぱりでっかいです。
他のshureとかみたいに耳にすっぽり入ると思ってたので。

>mo 様
確かにあの「耳から飛び出す」装着方法にびっくりですよね。
私も最初は勝手が全然違うので戸惑いました。
耳にすっぽり入れるというよりは、単純に耳に差し込む感じです。
なので、耳の穴にスリーブが入らないと厳しいところ。
私のように耳の穴が大きい(特に右側)悩みもありますが...。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2006年5月 7日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「iBookの後継機種「MacBook」は5月9日?」です。

次のブログ記事は「MacBookは白&黒という話も...」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。