「センセイの書斎」

| コメント(0)
センセイの書斎―イラストルポ「本」のある仕事場センセイの書斎―イラストルポ「本」のある仕事場
内澤 旬子


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
最近よく巡回している古本系ブログで話題になっていた新刊本。もう終刊してしまった「本とコンピュータ」など数誌に連載していたものだそうです。いろんなセンセイのお宅や研究室へお邪魔しての書斎イラストルポで、文書半分イラスト半分といった分量になっています。

もちろん文書も読みましたが、イラストを眺めている時間の方が長かったですね。どちらのお宅も本がたくさん並んでいていいですねぇ...。並んでいる本についてはちんぷんかんぷんなものばかりでしたが、それでもなんだか面白いんですよね。各方面のセンセイ達の本に対する思いも伝わりますし、私にとっては癒し系の楽しい本でした。個人的に興味深かったのは、「紙片のカオス」と題された散らかし振りがびっくりの佐高信氏の事務所、なにやら貴重な古書がたくさんありそうな小説家の小沢信男氏の書斎など。

読後には「いつの日か、私も書斎を持ちたい!」と思いました。

※amazonでは今、在庫切れみたいですね。bk1は24時間以内で出荷です→センセイの書斎

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2006年6月 8日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「新しいiPod U2 Special Editionは裏も黒いんですか?」です。

次のブログ記事は「Delfonics渋谷のLYRA展」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。