代々木上原のドーナツ・カフェ「haritts」

| コメント(4)

HarittsdonutsminamiさんのB-log Cabin TPで拝見して以来、ずっと気になっていたドーナツ・カフェ「haritts」さんに行き、念願のドーナツを買ってきました!(お持ち帰りです...)
B-log Cabin TP: 代々木上原の手作りドーナツ haritts

左がシナモン・カシス 右がコーヒー。

うわ〜、食べると本当にフワフワです。お持ち帰りだったので、家についたころには表面が少々ベトっとしてしまい、油っぽいのかなと思ったのですが、食べてみると全然そんなことはなく、甘さも控えめで美味しかった!これだったらいくつでも食べられそうです。

最近あちこちにできはじめたDoughnuts Plantのドーナツはフワフワ系ではあるものの、ちょっと甘すぎ(アメリカ的ではあるのですが)ですし、食べごたえはあるけれど値段が高い。そして、日常的にミスター・ドーナツの味に慣らされていた私には、ここのドーナツはすがすがしさをも感じさせる美味しさでした。(ちょっと大げさかな)

民家を改築して作ったカフェも素敵な雰囲気でしたので、次回は是非Eat Inで「できたて」を食べたいです!

コメント(4)

raizo さん、TB 有難うございます。気に入って頂けて良かったです。haritts の出来立てドーナツは、これはまたフワフワ感が高くて美味しいですよ。是非店内でもお試し下さい。

チョコレート系ばかりをオーダーしていたのですが、先日抹茶という、中に餡子が入った和風ドーナツを頂いて、これがまた絶品でした。奥が深いお店です。

豆知識としては、ドーナツ屋から商店街の道をはさんで逆側にある蕎麦屋、「山せみ」もこれまた素晴らしい所なので、山せみで天せいろ、その後 haritts でコーヒーとドーナツ、が上原の優雅なランチタイムには絶好の組み合わせとなります。お試しを。

「山せみ」

http://r.tabelog.com/tokyo/rstdtl/13001696/

代々木上原は、町田→新宿行くときに通過するだけでしたね。
こういったお店はやっぱり口コミが結構大事ですよね、機会見つけて行きたいです(^^

うわぁ~
ドーナッツ食べたくなりました。
子供の頃、親父がたまに買ってくる不二家のケーキドーナツが大好きでした。
だから、いまでもフワフワ系が好きですね。
「ゆかいなホーマーくん」という岩波の児童向け小説に自動ドーナッツ製造機が引き起こす騒動のくだりがあるのですが、そのあたりの挿し絵なんかも、かなり深層心理に刷り込まれています。(今は児童向け新書判で再販されてます。)
今の勤め先近辺には、ミスドすら見当たらないので、セブンイレブンのバームクーヘンで我慢しています•••。

>minami さん
本当にお言葉通りの美味しいドーナツで感動しました。抹茶も確かにありましたね。あの中に餡が入っているとは思いませんでした。また次に行くときになにを食べるか迷いそうです。

「山せみ」のご紹介、ありがとうございます。こちらも是非行ってみます!

>りゅう さん
代々木上原はただの乗り換え駅になってしまいがちですが、なかなか面白いところです。お時間がありましたら是非途中下車してみてください。

>ういと さん
ご無沙汰しております!
うちは、甘党のおじいちゃんが仙台に行くと、おみやげに(おそらく)ダンキンドーナツを買ってきてくれたのですが、母がホットケーキの元で作ってくれるドーナツとは全然違うので、都会の味だなあと思っていました。

「ぐりとぐら」のケーキや、「ギャートルズ」の骨付き肉など、子どもの頃に強烈な印象を受けた食べ物はとても美味しそうに感じましたね。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2006年10月10日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「坂道本の新刊「江戸の坂」と「東京坂道散歩」」です。

次のブログ記事は「Ricoh Caplio R5を買いました!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。