吉祥寺のBASARA BOOKSで江戸川乱歩

| コメント(0)

江戸川乱歩傑作選吉祥寺の公園口、飲食店の間にはさまっている今どきの古書店BASARA BOOKSで、新潮文庫の「江戸川乱歩傑作選」を購入。赤&黒の表紙が気に入りました。パラフィン紙でカバーされていると高級そうにみえます。実は、江戸川乱歩は小学校の図書館で少年探偵団を読んで以来...という初心者です。

Basarabooksfrontちなみにここのお店、今年の3月にできたばかりだそうです。

現在新潮から出ている傑作選は改版ということで、表紙も違ってますね...。
江戸川乱歩傑作選改版

江戸川乱歩傑作選

posted with amazlet on 06.10.16
江戸川 乱歩
新潮社
Amazon.co.jp で詳細を見る


最後の晩餐など先日は、同じく吉祥寺のブックオフでうれしい100均本2冊。100円の棚を見ていたら、開高健の「最後の晩餐」(表紙は朝倉摂さん)を発見。わ〜っ、読みたかったんだ...と手に取ると、隣には上坂冬子の「銀座ゆうゆう人」という文庫が。表紙が柳原良平で、開高健とはトリス君つながりで良い感じ。銀座の有名なタウン誌「銀座百点」の連載をまとめたものなのですが、1970年代のことなので、今とは全く違う銀座が体験できました。こちらは絶版のようです。

最後の晩餐最後の晩餐
開高 健


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ということで、坂道の合間に、やっぱり古書店にも通っているのでした。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2006年10月19日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「ボールペンとえんぴつのこと―銀座の小さな文具店」」です。

次のブログ記事は「江戸坂道散歩:(5) 本郷 油坂・お茶の水坂・富士見坂・建部坂・忠弥坂」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。