一澤帆布工業が復活していたのですね

| コメント(0)

10月は「一澤帆布」や「一澤信三郎帆布」で検索して当サイトにいらっしゃる方が急増。秋の行楽シーズンだからかな...と思っていたのですが、長らくお店を閉めていた本家一澤帆布が10月16日に復活していたことも一因だったようです。こちらのサイトで知りました。

craftcafe blog—クラフトカフェ 運営日記: 一澤帆布さん 復活

お家騒動の際に書いたエントリー
now and then: 一澤帆布工業と信三郎帆布

Wikipediaによる解説によると、製造は外部委託し、新たな素材と職人で作っているそうです。
一澤帆布工業 - Wikipedia

いまだに信三郎帆布にも行く機会がなく、次回京都に訪れたら両店とも訪ねてみたいものです。しかし、すでに一澤のバッグは9個も持っているのです。

こちらのブログでによりますと、一澤信三郎帆布で商品カタログができたそうです。通販はまだ始まっていないそうですが、カタログだけでも見てみたい方は是非。
一澤帆布カタログ通販【一澤信三郎帆布】

そういえば最近犬印をチェックしていないな...と思ってぶらぶら。こちらはフラップのところに文庫本用のポケットがあるショルダーです。常に文庫が手放せない方に...。
犬印純綿帆布ショルダーバッグ 犬印純綿帆布ショルダーバッグ

<追記>こちらのガイドブックには一澤信三郎帆布がカラーで紹介されていました。中身は食べ物屋さんの紹介多数。

京都小旅行―腕ききコンシェルジェのネタ帳京都小旅行―腕ききコンシェルジェのネタ帳


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2006年11月 2日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「江戸坂道散歩:(8) 小日向 鼠坂・大日坂」です。

次のブログ記事は「iPod shuffleが今日から店頭に並びますね」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。