新文芸座初見参! 市川雷蔵 変幻自在

| コメント(0)

Ichikawa Raizo池袋にある文芸座。一旦閉鎖しましたが、会社が替わり、新しい「新文芸坐」として2000年にスタートしています。そしてその新文芸座になってから初めての、市川雷蔵特集が決定したそうです。期間は4月28日縲鰀5月18日まで。

新文芸坐オフィシャルサイト 皆さまから多くのリクエストをいただいていたにも関わらず、今まで実現できずにいた市川雷蔵特集が遂に解禁です! その名も〈新文芸坐初見参! 市川雷蔵 変幻自在〉。代表作・人気作34本を3週間にわたり上映します。いつの時代も輝き続ける雷様のクールな魅力をぜひスクリーンで堪能してください。

昔の文芸座には思い出があります。雷蔵さんの「破戒」を初めて見たのもここで、終映後にトイレに行ったら、その場にいたおばさま達が、一様に涙をぬぐっていたのでびっくりした覚えがあります。

DVDでも見ることのできる作品は多いのですが、やはり映画はスクリーンで観てこそ楽しめます。GW期間の上映なので混みそうではありますが、せめて1日は見に行きたいところです。
スケジュール|新文芸坐オフィシャルサイト

B0002ZEVXU破戒
市川雷蔵 島崎藤村 市川崑
角川エンタテインメント 2004-10-22

by G-Tools
文学物では、個人的には同じ市川崑でもこちらのほうが面白かったですね。
B0002ZEVXK炎上
市川雷蔵 三島由紀夫 市川崑
角川エンタテインメント 2004-10-22

by G-Tools

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2007年4月 4日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2007春夏のビルケンを注文」です。

次のブログ記事は「Intel Xeon(ジオン)Clovertown搭載のMac Pro」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。