東京国立博物館:庭園を初散策

| コメント(0)

ニリンソウ
東京国立博物館ネタをもうすこし引っ張ります。私が行った日は、ちょうど敷地内の庭園開放が行われていました。庭園に入るのは初めてです。写真は庭園内の道端に咲いていたニリンソウ。見頃はもう少し先だと思われます。

東京国立博物館 平常展 庭園開放

国博庭園入り口近く庭園に入ると、木々がうっそうとした遊歩道になります。

Sumireこちらは道端に咲いていた白いスミレ。周りには散った桜の花びらが積もっていて、遠めに観ると雪が降ったようです。

国博の庭園北側から茶室風の建物側から池を眺めたところ。石の上に座り込んでじっとなにやら考えている人や、のんびり昼寝してしているガイジンさんあり。他にも現役の茶室があるのですが、たまたま当日は非公開でした。

国博の庭南側からお庭としてはやはりコチラ方が正面でしょうか。上野公園内の花見客の雑踏とは違って、とても静かなたたずまいでした。

秋にはまた違う眺めになることでしょうから、秋の公開時にまた訪れ、まったり過ごしたいところです。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2007年4月 8日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「東京国立博物館:今回のお気に入り品ギャラリー」です。

次のブログ記事は「市川雷蔵:16日からはBS2で眠狂四郎Week」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。