小玉武「『洋酒天国』とその時代」

| コメント(0)
4480818278「洋酒天国」とその時代
小玉 武
筑摩書房 2007-05

by G-Tools
ノドの痛みはまったく良くなりません。オレンジジュースなど酸味のあるものもノドが痛くて飲めない状態です。ちまたでも夏風邪が流行しているようで、近所の病院に行ったら大混雑。受付をしてから薬をもらうまでに2時間半もかかってしまいました。この本も、読み始めるまでの「積ん読(つんどく)」期間が2ヶ月ほどあったけれど、この長い待ち時間でほとんど読み終えることができました。

(本日現在amazonとbk1では品切れ。楽天ブックスにはありました→『洋酒天国』とその時代

現在のサントリーが昭和30年代に発行していた広報誌「洋酒天国」にまつわるノンフィクションで、当時編集部にも在籍していた方が執筆されています。話があちこち前後したりするので、少々読みにくい部分もあったけれど、「洋酒天国」の不思議な魅力は充分伝わってきました。芥川賞作家となる開高健や山口瞳が編集に携わり、多くの作家が原稿を寄せていたこともあって、当時の文壇史的な要素もあり、出てきた作家達の本も読みたくなってしまうというおまけ付き。巻末には洋酒天国全巻の索引もついております。

読み終わって、お酒はあまり飲めない私でも、なんだかじっくりとお酒を飲みに行きたくなりました。でも本当の「洋酒天国」の世界は、男世界かもしれない...とも思いました。

さしあたっては、古書店で先月仕入れた開高健と吉行淳之介の「街に顔が合った頃 浅草・銀座・新宿」を読み始めております。そういえば最近は東京本を読むことが多くなりました。

こちらは戦前の東京・70年代の東京という2つの時代を行ったり来たりしながらの文学散歩。江戸の坂道もいくつか登場し、歩いたことのある道が出てくると、ちょっぴりうれしくなったりしています。

4006021208私のなかの東京―わが文学散策
野口 冨士男
岩波書店 2007-06

by G-Tools

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2007年7月25日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2007年夏のセミの初鳴き縲怎~ンミンゼミ」です。

次のブログ記事は「うちもMacBookの発火が怖くなってきました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。