文弥本大量追加

| コメント(0)

なんとなく明日がたのしみ昨日は、夜にブログを更新するつもりだったのですが、このところの猛暑と疲れで早々に寝てしまいました。暑いだけで疲れが倍増しますね。

明日まで開催の京都の下鴨納涼古本まつり。行けない代わりに、行った方のブログなどをあちこち巡っております。みなさんどんな本を買ったのかを見るだけでも楽しいです。

<追記>こちらのスライドショーで、雰囲気も味わえます!
下鴨納涼古本まつり - a photoset on Flickr

私はというと、荻窪に行ったおり、久々に行ったささま書店で大量に文弥本をゲットしました。

文弥本5冊「百歳現役」「谷中寺町・私の四季」「文弥の邦楽手帖」「岡本芸談」「遊里新内考」の5冊であります。どれも貴重本とは違うので、それほど高くないところがミソ。

このところ、定期的にここで複数の文弥本を買っているので、店主が意識的に新たな文弥本を仕入れているのは間違いない...と思いつつ、思惑に乗ってついついたくさん買ってしまっております。文弥ライブラリーもだいぶ充実してきました。

エアコンの効いた涼しい部屋でゆっくり読書...といきたいところですが、トタン屋根の2階はエアコンをかけても涼しくならないほどの灼熱。暑さもここまでくると、日本も「熱帯」ですね。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2007年8月15日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Caplio GX100:無事帰還」です。

次のブログ記事は「アドエス:追加インストールしたものなど(2)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。