恒例「The beat goes on.」のキーノートを見る

| コメント(0)

毎度恒例になりました。スペシャルイベントでのジョブズ氏の講演の様子が公開されています。

Apple - QuickTime - September 2007 Keynote Address

長々見ている時間がない方はこちらのフォトレポートで...
フォトレポート:アップル、タッチスクリーン型iPod touchなど発表:ニュース - CNET

では、内容に沿ってつらつらと感想を。

いつもの黒タートル+ジーンズ+NBのスニーカーで登場です。

おなじみの輝かしいiPodの業績数字を並べたあとで、まずはRingtoneの発表。iPhoneの着信音を自作したり、iTunesから買った曲を使うことが出来るというもの。しかしiTunesで$0.99で買った曲でも、Tingotone用にさらに$0.99を払わなくてはいけないので、この説明の部分では、さすがに会場もシーンとしておりました。日本の着うたよりは割安感があるんですけどね。アメリカでは着うたのようなサービスはあるのでしょうか?

iTunesには曲の好きな部分を自由に切り取ることができる簡単な編集機能加わるのは楽しそうでした。(Give Peace a Chanceという曲のフレーズの後に「これはNBCからのコール用」というジョークはうけてましたねぇ。やはりTV番組提供についてNBCとの契約がうまくいかなかったという話は本当だったらしい。)

そのあとは新しいカラーのshuffleの紹介。このあたりはサラリです。

iPod nanoはポケットから取り出されました。おぉ、正面の印象はあまり良くなかったけれど、ものすごく薄いですね。たしかにこの薄さは魅力的です。ゲームとしてのsudokuの紹介もありましたが、あの和風なBGMもゲームに組み込まれているのかな。

それから新しいブラウズのインターフェースを自ら紹介。ビデオの再生から写真のスライドショーまで、小さなiPodでたくさん紹介してくれました。

合間に流れたiPod nanoのCMは、アメリカ制作としては今までにないカワイイ雰囲気です。勝手にターゲットは女性とみました。

続いてiPod classicをサラリと紹介。「classic」という表現は今回初めて出てきたのではないでしょうか?ナイスなネーミングです。やはり160GBの容量は感無量。よくiPodの話をしていて、そんなに何千曲も曲を入れたりしないよ普通...と言っている人もいらっしゃいますが、いれる人は入れますよ...やっぱり。私のiTunesのライブラリは膨らむばかり。曲を厳選するのが面倒なので、全部入りが楽で好きです。ジョブズがファーストモデルのiPod(5GB)と容量と比較する気持ちもよく分かります。

そしてOne more thinbではなく「We're not done yet...」

ここで満を持してiPod touchの登場。みなさん待ってましたという感じです。8mmの薄さ...を強調しています。これは世界の7不思議の1つだという自画自賛付き。

iPhoneと同じマルチタッチ・インターフェース。3.5インチワイドスクリーン。ゴージャスビデオ。フォトライブラリーをみんなでシェアして見るにもピッタリというPhoto機能...とここまで紹介してから、また実演です。だいたいの雰囲気はiPhoneと同様ということなのか、この実演もさらっと。

この後にWi-Fi内蔵の紹介。そしてSafari搭載の紹介です。ここでは「ブラウザを搭載したミュージックプレーヤーは初めてだ!」と強調。そしてYouTubeプレーヤー(?)ここでまたちょっと実演。そしてお値段紹介の後TVCM。

そしてもう少しおつきあいください...ということで、iTunes Wi-Fi Music Storeの紹介。ストアの外観は意外とシンプル。iPhoneもとい、iPod touchの普通のメニューのようです。このショップでもお買い物デモは、さすがに本当の新機能なので、本日の実演の中では比較的たっぷり時間をかけています。日本もストアのオープンリストの中にしっかり入っていて良かった。ただ、iPhoneナシでiPod touchだけとなると、アメリカ意外では売り上げ的には少なそうです。でもこれはiPod touchに対する付加価値サービスなのでしょう。

そして、スタバとの提携サービスの紹介です。メニューにスタバのマークまで出てくるのですね。スターバックスはシアトルが発祥の地。そしてマイクロソフトも本拠地はシアトル。まさかアップルとスタバが手を組むとは思いませんでした。このサービス、iPhoneやiPod touchだけでなく、iTunesが入ったMac&PCでも使えるのですね。日本のスタバでも、是非始めてもらいたいところ。ただし、iTunes Wi-Fi Music Storeのサービスにしかアクセスできないようなので、本当は「iTunesをいれている人は、無線LANのアクセスポイントとしても使えます!」というようなサービスだともっと嬉しいですねぇ。

この後スターバックスの創立者でありチェアマンであるHoward Schultz氏が挨拶していましたが、このあたりは話半分で聞き流し、ジョブズ氏がもう一度出てきて本日のおさらいをし、最後の最後にiPhoneの値下げを発表。会場拍手喝采。

そしてKT Tunstallのパフォーマンスで本当の終了。お疲れさまでした!

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2007年9月 6日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「iPod touchなど新しいiPodラインナップ 縲鰀 正直ビミョーな気持ちです。」です。

次のブログ記事は「まだ続く....スペシャルイベント追加情報」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。