あこがれの高級万年筆計画ついに始動

| コメント(2)

今年は私にとってある節目の年でございまして、その記念品として満を持して高級万年筆を買うことにいたしました。ずっとペリカンの万年筆にあこがれており、いつかあのペリカンのクチバシクリップのついた万年筆を手にしたいと、この1縲怩Q年思い続けていました。

今回は、やはり買うならペリカンのスーベレーンM800の緑縞で...と心に決めて、大井町の万年筆専門店「フルハルター」さんに行ってきました。

万年筆専門店フルハルターTOPページ

とても小さなお店とは聞いていましたが、本当に小さくてびっくり。私が訪ねた時は、運良くほかのお客様がいらっしゃらない時間でしたので、店主の森山さんとゆっくりお話しすることができました。(合間に何度か電話中断もありましたが...)

まず、お考えになっている万年筆は?と聞かれましたので、迷わずペリカンと答えると、M800とM400を出してくださいました。

最初に手にしたのはM800。恥ずかしながら初めて手に取ったのですが、思わず「わ、軽いですね」という言葉が口から出てしまいました。今までずっと使っていたウォーターマンの万年筆は、細身だけれど少々重量感があったので、こんな大振りな万年筆ならさぞ重たいことだろう...と勝手に想像していたのです。私の手には大きくて使いにくいかと心配していたのですが、それほどでもなさそうです。とにかくバランスを感じてみてくださいとのことでしたが、私としては、ちょっぴり重さを感じる程度の微妙なバランスに感じました。

続いてM400も試します。わ、これはさらに軽い!重さはまったく感じませんでした。それがバランスが良いということにつながるのかどうかがよくわかりません。逆にフワフワした感じがします。でもスラスラ書けます。仕事などで事務的にサラサラっと書くのにいいかな...と思いました。

ちょっぴりM400にも未練を感じましたが、いろいろお話しを聞きながらも、結局初志貫徹。自宅でじっくりと字を書くための道具としてM800の緑縞に決定。ペン先はMに磨ぎ出していただくことにしました。クレジットカードが使えないと聞いて、お金を下ろしてから行ったのですが、お代は商品引き渡しの時にお支払いすれば良いのだそうです。

ペン先を磨いでもらうため、できあがりまで1ヶ月近く待つことになりそうですが、どんな書き味になるのかとても楽しみです!

 Pelikan スーベレーン M800 緑縞 グリーン

コメント(2)

よいものを入手されましたね。重くてしっかりした書き味のウォーターマンと軽やかで柔らかい書き味のペリカンはある意味対極にあります。私はどちらも好きですけどね。

ツꀀ>Hitさん

恥ずかしながら、メーカーによるバランスや書き味の違いを初めて実感しました。こうなると他社の万年筆も使ってみたくなりますね。

でもまずは今回のM800をじっくり末長く使っていきたいと思っております。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2007年11月20日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「nanacoモバイルでおサイフケータイ初体験」です。

次のブログ記事は「Mary J. BligeのiPod広告!カッコイイです」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。