あけぼのの「ずんだ大福」

| コメント(0)

ずんだ大福
あけぼののずんだ大福。

これは今まで何度も書いてますが、私は大福が大好物。そして、もともと「ずんだ」も大好き。大好きなものが合体したものが食べられるのはうれしい限りです。

「ずんだ」は、今でこそ全国的にも名前が知られてきましたが、もともと宮城県地方のもの。

ずんだ - Wikipedia

餅は、アンコやゴマ、みたらしよりも、もともとずんだが一番好きでした。地元のスーパーにもよく売っていて、実家にいる頃は良く食べました。自分でずんだ餡を作ったこともあります。

大福はといいますと、その昔...学生の頃、炎天下の市民プールの出口に、大福売りのおじさんが待ちかまえていました。プールのあとの大福のおいしかったこと!それ以来、大福が大好きになりました。どんな老舗の大福よりも、あの時の大福が一番美味しかったなぁ...。


うまいにもほどがある!【満喫!全部づんだ(ずんだ)餅地方発送セット】

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2008年4月21日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「井の頭池観察記(24)」です。

次のブログ記事は「仙台に東北初の「パタゴニア」直営店オープンだそうです。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。