中野 翠「小津ごのみ」

| コメント(0)
4480873562小津ごのみ
中野 翠
筑摩書房 2008-02

by G-Tools
発刊以来とても気になる1冊だったのですが、なんとなく読むのを先延ばしにしておりました。でも今読み終わって「もっと早く読めば良かった!」と思っております。

中身は

一章 ファッション、インテリア
二章 女たち、男たち
三章 セリフ、しぐさ
四章 今見られる小津映画、全三十七本

といった内容になっております。

まずのっけから、私の好きな布地の上に出てくるタイトルバックにもふれられていて、あの布地が「ドンゴロス」というものらしい...というのも私にとって新発見。

参考:ドンゴロスって何語?

そして、なんといっても一章の「ファッション、インテリア」に関する話が秀逸でした。いままでの小津本にはない切り口で、まさに「女子」らしい。今までなぜ自分が小津映画に魅かれていたのかも、この妙にグラフィック的は小道具達にあったのかも...と思わせられました。

後半は映画論的になってはきますが、それにしても今までの映画論とは違う小津論で、最後まで楽しく読ませていただきました。女子の小津本として、女性の皆さんに強力におすすめです!

読後はすぐに小津映画が見たくなり、DVD(RAM)の山の中から「晩秋」と「淑女は何を忘れたか」を観賞。後者は中野氏推薦のハイカラファッションが見られます。

B000VRRD16晩春
笠智衆 原節子 月丘夢路
Cosmo Contents 2007-08-20

by G-Tools

確かにあの布地です...

【送料無料】mao made(マオメイド)ドンゴロス後ろ開きベスト

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2008年5月 5日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今回は行けませんが...今日は第6回一箱古本市2日目」です。

次のブログ記事は「CNET Japan「販売店ではMacをどう見ているか?」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。