竹内まりや「幸せのものさし」

| コメント(0)
B0015DMNME幸せのものさし/うれしくてさみしい日(Your Wedding Day)
竹内まりや 竹内まりや 山下達郎
Warner Music Japan =music= 2008-05-21

by G-Tools
5月21日発売の竹内まりやのニューシングル。「幸せのものさし」と「うれしくてさみしい日」のカップリングであります。CD発売日にiTunes Storeをチェックしたのですが、登録されていないので、今回は販売はないのかな...と思っていたのですが、1週間たった昨日になって販売開始。もちろんポチっとさせていただきました。

最近のアーティストのみなさんの曲は、当然主に今のお若い方向け。お若い方向けの曲を聞いてもいいのだけれど、「共感」という意味ではなかなか難しく、私もついつい自分の懐メロ的な曲に走ってしまいがちです。

そんな中、この「幸せのものさし」は働く女性、「うれしくてさみしい日」は娘を嫁がせる母親の心境...と、他にはなかなかない女性の視点で綴られた歌です。特に「幸せのものさし」は元気がでますねぇ。竹内まりやさんはさすがツボを押さえております。

考えてみると、現在中高年といわれる世代は実はフォーク世代。音楽への親しみかたもその前の世代とはかなり違っているわけで、そう考えると、これからは若者だけでなく、もう少し上の世代向けにアピールしてもいいのかも...と思います。少子化で若者も減ってますしね。

で、本当は同じく昨日からiTunes Storeで販売開始の美空ひばりのアルバムも欲しかったのだけれど、狙っていたJAZZとリズム歌謡のアルバムは、本日現在まだ「パーシャルアルバム」扱いなので、もうすこし様子を見る事にしました。200円とはいえ、曲単位で買うにはちょっと割高感があります。円高の昨今ではUSストア経由で買えば半額に近いですよね。やはりせめて一律150円にしてほしいなぁ...。

美空ひばり → 美空ひばり

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2008年5月29日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「MARIAGES FRERES:ダージリン・ヌーヴォー2008「Happy Valley」」です。

次のブログ記事は「Donna Summer「Crayons」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。