「趣味の文具箱」No.11 魅惑の万年筆と出会う

4777910849趣味の文具箱11 (エイムック 1579)
趣味の文具箱編集部
エイ出版社 2008-07-28

by G-Tools
今朝は大家さんの庭でミンミンゼミが鳴き始めました。今年は全然鳴かないので、大家さんのまく除草剤で全滅してしまったかと心配していました。ホッ。

さて、昨日は「趣味の文具箱」No.11の発売日。もちろん購入してすでに最初から最後まで2度読みました。今回の特集タイトルは「魅惑の万年筆と出会う」でございました。

このところ文房具誌というよりは万年筆雑誌になってきているようで、ムックの大半が万年筆関連の記事になっています。表紙の中田万年筆のセルロイドの万年筆が欲しいなあ...と思いながらページをめくりましたが、今回はすぐに手を出せそうな気軽な文具の紹介は特にありませんでした。ちょっと残念。

「フランスの国民的ノート」クレールフォンテーヌの特集が良かったですね。本国でしか売っていないノートも多々あるようで、ノート欲しさにパリに飛んでいきたい気分でした。

Lamyのnotoそういえば、このところiPhoneにうかれているところもありましたが、こっそりLAMYのnoto(深澤直人デザインで話題になっていたボールペン)も買っております。色は大好きなオレンジ。万年筆もよいですが、悲しいかな仕事ではどうしてもボールペンということが多いので、ささやかな贅沢です。

JDN / 新製品情報 / LAMY noto



LAMY noto ラミー ノト スタンダードカラー (ボールペン)

トラックバック(1)

ガラスペンに魅せられて - ガラスペン3 竏鈀 菅清風 (2008年7月31日 23:26)

京都の北白川ガラス工房で作られる日本を代表するガラスペンのひとつが、菅清風(かんせいふう)のガラスペン。このガラスペンは、世界で唯一、加工の難しい硬質ガラ... 続きを読む

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2008年7月29日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「iPhone:MobileMeメールとauとの相性?」です。

次のブログ記事は「あ、PLUTO 6 発売です!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。