セミの羽化

| コメント(0)

R0012016.JPG朝、家人がセミが羽化しているのを見つけて教えてくれました。かなり低い位置でしたので、GR Gigital IIでバチバチ撮影してみました。

R0012022.JPGミンミンゼミでしょうか。ちょうど抜け殻から出ようと踏ん張っているところでした。つぶらな瞳ではありますが、内心必死なのだろうな...と思うと、胸がキュンとしてしまいます。

R0012037.JPG本当は羽が伸びきるまでずっと見ていたかったのですが、実は出勤前のあわただしい時間でしたので、一旦部屋に戻り、出かけるときにもう一度見てみたら、もうすっかり羽が伸びていました。まだ緑がかった半透明の姿はほんとうにきれいです。


R0012040.JPGその日帰宅すると、すっかり普通の色になったセミがまだ抜け殻の脇にぶら下がっています。ちょっとつついてみたのですが、うんともすんとも言いません。あれあれ、羽化に失敗して死んでしまったのかな...と少し悲しい気持ちに。

しかし翌朝にはその場所からいなくなっていました。無事飛び立ったのだといいのですが...。

※Flickrのアルバムはこちら...
セミの羽化 - a set on Flickr

4104510033セミたちと温暖化
日高 敏隆
新潮社 2007-04

by G-Tools

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2008年8月 1日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「iPhone:アンチグレアフィルムを貼りました」です。

次のブログ記事は「2008 セミの初鳴き縲怎cクツクホウシ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。