映画「おくりびと」

| コメント(0)
B001Q2HNOWおくりびと [DVD]
本木雅弘, 広末涼子, 余 貴美子, 吉行和子, 滝田洋二郎
アミューズソフトエンタテインメント 2009-03-18

by G-Tools
続いては「おくりびと」。これがまた、アイアンマンとは全く違う客層で、平均年齢65歳以上といってもいいぐらいのシニアな方ばかりでありました。

9.13 Road Show 「おくりびと」(主演:本木雅弘 広末涼子)

お話は、納棺師という棺桶にご遺体を納める職業にまつわるお話です。山崎努がモックン(本木雅弘)の雇い主として出演していますが、題材が似ているということもあって、ちょぴり伊丹十三の「お葬式」も思い出されます。

モックンもう少ししっかり!と思うぐらいに、ちょっとシャキっとしない主人公なのですが、物語の中で、人間と少しずつ成長していきます。脇役のみなさんも良い役者さんが多く、見ごたえがありました。ただ、私の好き嫌いもあるのですが、どうも広末涼子がいただけません。もう少し落ち着いた若い女優さんが良かったんじゃないでしょうか。広末も頑張ってはいると思うのですが、なにを演じてもいつも同じ調子で、映画の中でどうも浮いた感じがしました。モックンも良かったし、山崎努の演技が素晴らしかっただけに少々残念です。最後のほうで峰岸徹が主人公の父親訳として、死人として出てくるあたりは少し妙な気持ちになりました。現実の世界で現実に亡くなったばかりですよね...。

ということで...舞台の山形荘内の情景とチェロの音色が印象的な映画でした。

B001CRGSQ0「おくりびと」オリジナルサウンドトラック
久石譲 サントラ
UNIVERSAL SIGMA(P)(M) 2008-09-10

by G-Tools
B0009VEBSC伊丹十三DVDコレクション お葬式
伊丹十三
ジェネオン エンタテインメント 2005-08-24

by G-Tools

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2008年11月 3日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「映画「アイアンマン」」です。

次のブログ記事は「ひび割れたMacBookが修理完了で戻ってきました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。