「図書」岩波新書創刊70年記念 臨時増刊

| コメント(0)

図書臨時増刊号岩波新書ファンとしては、是非入手したいと思っていた、岩波書店「図書」の岩波新書創刊70年記念の臨時増刊。新宿の紀伊国屋書店にてやっとゲットしました。岩波新書コーナーに見当たらなかったので、お店の方に訪ねたら、別途作らた岩波新書フェアの棚にありました。

表紙は宮崎駿氏書き下ろしの、イタリア・カブローニー社製(1918年)Ca48旅客機だそうです。この表紙絵も欲しかったポイントでした。ちなみに無料です。

岩波新書の中から、心に残った本、オススメの本を1縲怩R冊選んで下さい...ということで、218名の方々から寄せられた回答を集めたものです。

1番多かったのは、丸山真男の「日本の思想」だそうですね。私も数年前に読んだのですが、なんだか頭の中からスポっと抜け落ちてます。ダメですね。そのほか、大江健三郎の「ヒロシマ・ノート」「沖縄ノート」、鶴見良行「バナナと日本人」などが目立っていました。

今回この特集を読んで、読まなくては...と思ったのは、最近のマイブームは「物理学」から、アインシュタインの本、
雪の結晶の中谷 宇吉郎先生の「科学の方法」、いつも新書の棚で気になりつつも読んだことのなかった、宮崎駿氏もおすすめの「栽培植物と農耕の起源」など。

2年前の私のおすすの10冊はこちら。
now and then: 私の選ぶ岩波新書(新赤版)10冊

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2008年11月26日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「iPhone:2.2にアップデート後の様子」です。

次のブログ記事は「プリンタ買い替え...Canon PIXUS MP980」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。