鎌田遵「ネイティブ・アメリカン―先住民社会の現在」

| コメント(0)
ネイティブ・アメリカン―先住民社会の現在 (岩波新書)ネイティブ・アメリカン―先住民社会の現在 (岩波新書)
鎌田 遵

岩波書店 2009-01
売り上げランキング : 16149
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
最近のハデなタイトルの新書の中ではかなりテーマが地味だと思うのですが、久しぶりに良い新書に出会えました。

このところご無沙汰していた岩波新書ですが、もともとネイティブ・アメリカンには興味があったので、久しぶりに新刊から買ってみました。

オバマ大統領の就任で、ブラック・アメリカンの人権運動にも一区切りついたようなイメージもありますが、そんな中でもネイティブ・アメリカンが置かれた状況は現在もなお厳しいようです。

アメリカ国民全体の中でネイティブ・アメリカン人口はわずか1%以下。しかし、300以上の居留地と、500以上の部族があるそうです。どうしても私たちは映画に出てくるインディアン、よくて映画「ダンス・ウィズ・ウルブス」に出てくるインディアンのイメージしかありませんが、文化や言語も様々あるのだそうです。

先住民としての過去の歴史はのみならす、現代のネイティブ・アメリカン社会について、とても詳しく述べられていてとても感心してしまいました。しかも著者の鎌田氏はまだお若いので2度ビックリ。その若さがあったからこそ、これだけのフィールド・ワークができたのでしょう。

本書の終わり、フォート・モハベ族の元部族長の妻が語る「わたしたちが先祖代々暮らしている土地にゲストを住まわせてあげているのに、まだ一度も家賃を払ってもらっていません。いつか払ってくれるといいのだけれども」という言葉がズシンときました。著者の鎌田氏も、これはお金の問題ではなく「敬意」の問題だと言っています。近い将来、家賃を払ってもらえるような時代が訪れることを祈るばかりです。

全く知らなかったのですが、Hard Rock Cafeは、今やセミノール族が買収した会社なのですね。

Indians - Seminole Tribe of Florida - The Official Home of the Florida - Seminole Indians

こちらもすでに読了。ちょっと異質なマルコムXの演説が一番印象に残りました。

アメリカの黒人演説集―キング・マルコムX・モリスン他 (岩波文庫)アメリカの黒人演説集―キング・マルコムX・モリスン他 (岩波文庫)
荒 このみ

岩波書店 2008-11-14
売り上げランキング : 16040
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2009年2月19日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「iPhone:PocketMoney 1.4.2」です。

次のブログ記事は「Ricoh 新デジカメ「CX1」を発表...R10の後継機種?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。