Bento 3 : MacBook Airで起動せず!?

| コメント(0)

さて、勇んで買ってきたBento 3。さっそくMacBook Airに入れることにしました。データベースの更新など、ちょこちょこと作業するにはAirの方が良いかな...と思ったのです。

Bento 3のインストールは簡単で、インストーラなどは使わず、ディスクからBentoアイコンをアプリケーションにドラッグ&ドロップするだけです。

ところが...

MacBook AirでBento 3が起動しないのです。起動してスグの「アップデートを自動的に確認しますか?」の画面は出てくるのですが、その先に進んで一瞬「データベースを読み込んでいます...」の画面が表示されたとたん、強制終了。何度やっても同じです。

確か、iPhone対応でアップデーターが出ていたことを思い出し、ダウンロードして入れてみましたが状況は変わらず...

これは困った...と、今度は母艦のiMacにインストール。こちらは無事起動しました。う縲怩Aどうしてかなぁ。Bento 3はiMacで使うことにすれば良いので困りはしないのですが、どうも腑に落ちません。iMacもAirもどちらもSnow Leopardの32ビットモード。あまり変なユーティリティーも入れていないつもりです。

思い当たるのは、AirにはFileMaker 8.5とFileMaker Mobileの残骸が入っていること、そしてBentoの試用版をインストールしてみたことがあるのです。FileMakerはまた後でインストールもできますから、可能性のあるものは捨ててみることにしました。

まずはFileMakerそのもの。そしてライブラリフォルダからは、その関連のApplication Supporの書類、Preference書類をゴミ箱へ。これで一度再起動させてみましたが、まだダメ。

次はBento関連です。Bento本体は残し、ライブラリフォルダの中の関連ファイルを削除。...これで見事起動しました縲怐Bホッ...。

BentoFirst.png

無事起動するとどうなるかと言うと、Macの中に入っているアドレス帳、iCalのイベントデータ、iCalのタスクデータ、iPhotoの画像を自動的に読み込みます。そして、勝手にこの4つのデータからライブラリを作ってくれました。

iCalもアドレス帳もiPhotoも、それぞれの機能で満足しているので、これをあえてBentoで読み込む必要は、少なくとも私には無いかも...と思いました。が、自分でレイアウトを多少アレンジできる...というメリットはあるのかもしれません。しかも、これらの基本データベースは、ジャマだからといって消せないようです。う~む。

さて...と、いよいよ雷蔵映画データベースを作るわけですが、思わぬトラブルが発生したということで、本日はひとまずここまで。
(つづく)

ファイルメーカー社公式サイト
パーソナル データベース ソフト、オーガナイザー ソフト | Bento 3

  

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2009年10月13日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Bento 3で念願の雷蔵データベースを...」です。

次のブログ記事は「菅聖子「一澤信三郎帆布物語 」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。