ジョブズ氏に捧げる感謝祭

| コメント(0)

本日は感謝祭(感謝祭 - Wikipedia)であります。元々がキリスト教的行事ですので、日本ではあまりなじみがありませんが、米国では祝日です。Appleが毎年セールをやるのですが、今現在オーストラリア・ニュージーランドでセール開催中。しかし、オーストラリアと時差が1時間しかない日本では、午前7時現在ではまだ始まっておりません。あとで始まるのでしょうか...。その頃には仕事だなぁ。

今朝はこの記事が面白かったので、Twitterでも思わずつぶやきましたがこちらでもご紹介です。
今年の感謝祭の感謝はスティーブ・ジョブズに捧げたい―1997年のAppleへの帰還はきわどかった

今さらですが、ジョブズ氏の功績に私も大いに感謝したいと思っている1人であります。彼があのときアップルに戻ってこなかったら、Macは別のカタチで残ったかもしれないけれど、少なくともiPodやiPhoneの無い世の中になっていたかもしれないのです。iPodは21世紀前半を代表するイノベーションといっても良いでしょう。

私もiPodの誕生から成功までを見守ることができて良かった!あらためて感謝です。

感謝祭だからといってジョブズ氏の声明はありませんが、林信行氏によるアップル上級副社長フィル・シラー氏の来日インタビューで、今のアップルが語られております。
アップル上級副社長に聞く:「デジタルライフスタイルの未来はiPhoneにある」――フィル・シラー - ITmedia +D PC USER

そして...これからアップルがどうなっていくのか、楽しみでもあり、どこか心配でもあり...

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2009年11月27日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「EvernoteとiPhoneで文庫本の山を整理する。」です。

次のブログ記事は「Richo GXRは12月18日発売だそうです。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。