津波・オリンピック・東京マラソン

| コメント(0)

まだ津波警報が解除されていませんね。太平洋沿岸地方の避難されているみなさん、すっかりお疲れでしょうが、もう少し踏ん張って下さい。

実家のある石巻もNHKのニュースで何度か登場。実家近くの日和山からは、北上川河口が良く見えるため、多くの見物人が集まっていた模様です。初詣(神社があるのです)並の混雑だったと聞きました。50年前のチリ津波の時は、北上川の水が一旦引いて、川底が見えたというのは地元で有名な話。その再現か?というので人が集まったのでしょうね...。う縲怩Aなんとも。

津波も心配(実家の近くには原発もありますし...)でしたが、今日は朝からTVにネットに忙しい1日でした。

まず、スピードスケートのパシュート準決勝から朝がスタート。前日まで周囲でも「パシュート」が何のことだか分からない人が多数だったのに、1晩にして一躍ひのき舞台に上がりました。準決勝も決勝も、トリノの時のように転ばないようにということだけ念じ、ドキドキしながら観ていました。結果は少し残念でしたが、それでも銀メダル!良かったです。

銀メダルのニュースが駆け巡ったあとは、TVは津波のニュース一色に。世田谷には影響はありませんが、三陸沿岸がどうなるのか非常に気になります。

そんなニュースを見ながらカーリング男子決勝、カナダVSノルウェーの試合をNHKのストリーミング放送で観戦。スーパーショットも見ることができました。カナダチームの頭の光った方、カナダ国内ではアイスホッケーのグレツキー並に有名人なのだそうですね。カナダのMorris選手のショットが印象的でした。

ストリーミング放送を見ながら、東京マラソンの番組をチラっと観たり、フィギュアスケートのエキシビジョンを観たりしている最中に、USTREAMで、自らの走りを実況中継している方(Joseph Tame (tamegoeswild) on Twitter)がいらっしゃるのをTweetで知りました。

このプロジェクトのサイト → Tokyo Marathon 2010

この中継を見始めたらもう止まらない!ほとんどが、英語と日本語でしゃべりながら走っている自分の姿を写しているだけなのだけれど、一緒に走っているような臨場感で、なぜか目が離せません。iPhoneを複数台使っているとのことで、GPSで今走っている位置も確認できました。

実況中、時には他のランナーにインタビューしたり、沿道のサポートや応援に感動したり、応援の知人と会話したり...。途中でiPhoneのミュートボタンをうっかり押してしまって無音声になったりもしましたが、結局ゴールするまで見続けてしまいました。本当に楽しかった!良い体験をさせていただきました。

困ったのは途中でアイスホッケー男子の3位決定戦が始まってしまったこと。ネット中継とTVの試合と交互に見ながらという忙しい状況になってしまいました。そして、ちょうどJosephさんがゴールする寸前にホッケーの試合も終了。ホッケーの方も予想通りスロバキアが粘りを見せたのですが、ノルウェーが最後になんとか振り切る...という熱戦になりました。

この合間に、お昼前の気象庁の記者会見を観て、3mの津波という予想に驚いたりで、津波も気にしながらの東京マラソン&オリンピック観戦となりました。

さて、いよいよ明日は最後のアイスホッケー男子の決勝戦です。米国VSカナダであります。地元カナダの応援はたぶんものすごいことになりそうですが、この両者はすでに予選で1度戦って、米国が勝っております。はたしてカナダは雪辱を果たし、地元で金メダルを取ることができるのでしょうか?

午前ご5時からNHK BSで生放送ですが、出かける時間までになんとか試合が終わって欲しいところ。私はカナダを応援します。とにかく延長になりませんように...

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2010年2月28日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「本日はオリンピック休み」です。

次のブログ記事は「バンクーバーオリンピック閉幕であります。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。