アップルの2010年第四半期業績発表...なかなか好調です。

| コメント(0)

おはようございます。今朝もまたアップル関連のニュース。2010年第2四半期の業績発表がありました。ホリデーシーズン意外で最も良かったとのこと。確かにホリデーシーズンに匹敵するほどの成績になっております。利益が90%アップならこの不況の中でまさに御の字!

英文記事ですが、一目瞭然な表でご確認下さいませ。

Apple reports record earnings for Q2 2010, 8.75 Million iPhones, 2.94 million Macs, 10.89 million iPods | 9 to 5 Mac

そしてこちらもどうぞ。本日中にはもっと日本語のレポートも出てくるかと思います。

Once Again, Apple Has Its “Best Non-Holiday Quarter Ever.” Best iPhone Sales Ever.

特にiPhoneが絶好調のようですね。iPodは成長が鈍化してきたとはいえ、単価の高いiPod touchの売れ行きが良いということで、単なる携帯音楽プレーヤーを販売する会社とはひと味違うことがアピールできています。アップルとしてなかなか成績の伸びない日本市場ですが、さすがにやっと上向きになってきたカモ。iPodに加えてiPadというデバイスのニュース性が、アップルの名前を連呼することになり、フツーの人々にも知名度は上がってきたかもしれません。Macを使っていると話すと「えぇっ?(眉をひそめる)」というリアクションが、最近は少し好意的になってきたような気がします。

今期(第3四半期)は、MacBook Proシリーズがリニューアルし、iPadがワールドワイドに発売され、次世代iPhone発売&iPhone OS 4.0が出ますから、まだまだイケイケは続きそうです。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2010年4月21日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「拾われた次世代iPhoneは一騒動あったようで」です。

次のブログ記事は「テディペンの紙ジャケボックス。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。